プライベート

福博のソウルフード『うどん』について

保険のビュッフェ 博多店

writter 保険のビュッフェ 博多店 2019/01/22

 

先日、東京から来られた方と、保険のビュッフェ博多店近くのうどん屋さんで、うどんを食べた。

ご存知のように福岡のうどんは麺がフワフワ、スープは黄金色で澄んでいる。

 

東京の方には、どうかなと思っていたが、幸い喜んでいただいた。

 

日本全国、名物うどんがある。

そう、四国の讃岐うどんはコシがあって、小生も好きです。

 

さて、福岡の麺類と言えばラーメンが有名だが、実は、博多っ子は自分達のソウルフードは「うどん」と考えている。

 

そして、うどんに関しては福博の街は縁が深い。

以前このブログでもライトアップで紹介した当店の近く「承天寺」に「うどん発祥の地」の石碑まである(当然発祥の地は全国いたる所に諸説がある)。

 

保険のビュッフェ博多店にお立ちよりの際には、博多駅の地下街にも美味しいうどん屋さんはあるので、ぜひとも食していただきたい。

 

そして、少し店舗の周辺を歩いていただいたら、いろんなうどん屋さんに出会える。

 

その中でも博多区上呉服町の「みやけ」は知る人ぞ知るうどん屋さん。

生粋の博多っ子(このブログの協力者で友人)がご推奨。

(但し、何と昨年あの「孤独のグルメ」に取り上げられてしまった)

 

さて最近では、日本食の出汁(だし)が世界的にも注目されているようだ。

グルタミン酸やイノシン酸、グアニル酸の旨味をきちんと認識し利用されるケースも新しい傾向。

特にフランス料理でも日本食のだしは、積極的に利用されている。

 

ラーメンとは違った旨味を堪能できる福博のうどん。

もちろん福岡、北九州のチェーン店のうどんも美味。

トッピングは、丸天ぷらか、カリッとゴボウの天ぷらがオススメ。

 

この季節、あったかいうどんを頂き、ほっこりする。

長生きはするものです。