私の趣味

博多の過去、そして未来……

保険のビュッフェ 博多店

writter 保険のビュッフェ 博多店 2018/12/11

ブログでは福博のいろいろな物を取り上げてきたが、今回は博多駅の地下街についてソフト面とハード面から。

 

特に、保険のビュッフェ博多店がお世話になっている(株)博多ステーションビル様と博多駅の地下街について。

 

何と、この地下街、営業開始して54年も経過している老舗の地下街。

初老の、かのかっちゃんより少し若いだけだ(ちなみに、福岡市中央区の天神地下街より歴史がある)。

開業当時は福岡市の指導で「地下道」という呼称が義務付けられていた!

 

さて、博多ステーションビルの方と話していると、興味あることを2点教えていただいた。

 

一つは、地下街50周年記念に企画・制作した「えきちかテーマソング・出会えたあなたへ」

 

どのような歌かというと、現在でも、営業中に1時間に1回地下街に流れるあの歌。

博多駅地下街を訪れた人なら、「もしかしてあの歌!」と言うくらい頭に残る歌です。

 

この歌、福岡のグループ「風味堂」が作って歌っている。

2000年に結成されたグループだが、メジャーデビューし、今でも福岡で活躍(これは凄いです。福岡出身のミュージシャンと言えばフォーク・ロック・歌謡曲・演歌、全国展開のディーバも、そりゃ、挙げればきりがない!)

 

50周年記念の歌、それを今でも大切に流している、これも博多の地下街として、福岡・博多の楽曲へのこだわりが感じられる。

 

次は、消防訓練、半年に1回行われていて、先日、訓練が行われた。

地下街の性質上、通勤客がいらっしゃる中で消防訓練を行うので大変。老舗のお店の方を中心に自衛消防隊を結成。

小生も今回参加させていただいた。

隣接している管理会社と共同で行い万全を期す。管理会社と店舗の皆さんの共同作業だ。

当然、訓練後は公設消防隊の方から講評もいただく。

 

今でこそ、通行する方も多く、空き店舗は無いが、開業当時は店舗もまばらで、お店の人がキャッチボールをしていたとか、先日亡くなった県会議員が話していたらしい。

 

博多ステーションビルの方々、地下街の店舗の方々は、現在の状況をソフト・ハード面からファクトファインディングし、公共機関とも協力し、これからの展望を計画する。これらは、私たちの業務と通じるものがあるかもしれない。
長生きして、地下街の次なる50年を見てみたい。