グルメ情報

福岡といえば・・・? そうです、あれです。

保険のビュッフェ 博多店

writter 保険のビュッフェ 博多店 2018/11/14

この保険のビュッフェ博多店の周囲にも、食事ができるお店が多数あります。

福博の名物を提供するお店もあり、FP相談後にお勧めできるお店がたくさん。

 

その中で「もつ鍋」について、博多弁も交えて。

 

そもそも「もつ鍋」とは?

もつ鍋とは、牛や豚のモツ(ホルモン)を主な材料とする鍋料理です。福岡県の代表的な郷土料理。

 

ちなみに関西では内臓物は捨ててたので、「放るもん」から「ホルモン」と言われたとか。

 

それでは博多弁、字幕なしで。

 

最近、もつ鍋が人気メニューとして定着しとうらしか。この周辺の地下街でも5店舗もお店があると。様々理由があるっちゃろうが、やっぱし牛・豚をつぶしてからの内臓物(ホルモン)の処理速度、冷凍・冷蔵・解凍の方法が進歩しとうとやろう?一回、業者に聞かないかんばい。

さて、昔はくさ、もつ鍋は、客は2人で来て、必ず2人前分を注文するシステムやったと。最近は、1人前で注文を受けるお店が大半のごたあかる。この博多店の近くのお店でもよく見るっちゃけど、なしてか、近くの食堂の店長にきいてみたったい。

「最近はもつ鍋を一人前で提供するらしかね、なしてや?」

「そりゃ、かっちゃん、今はお二人さんで店に入ってこらっしゃても、ひとりは、ごまサバ定食で、もう一人はもつ鍋とかになると。また、女性でも一人で店にきんしゃって、もつ鍋一人前を注文する方が、けっこう多かとです」

「ほんなこつね」

「それから、〆にご飯を食べる方も、おらっしゃー」

「つぁーらん。〆は、ちゃんぽん麵やろうが、決まっとろうが。ぐらぐらこくばい」

「はあ。そげー言わっしゃても・・・・・」

 

もつ鍋の第一次ブームは1990年代の前半、福岡を中心に東京まで広まったが、今から30年ほど前になる。

時代は変わる。

 

閑話休題、想定通りホークスは日本一に!

 

当然、我がホークス選手も、もつ鍋ファンが多い。

何故か、日本シリーズで全国1億人のホークスファンは見た。

ピッチャーはもちろん、キャッチャーでも内野手・外野手でも、皆、守備の時、本当に良か球ば「ほーるもん」

 

。。。うん、だから

やっぱりレベルが違うばい。えっへん。

 

長生きはするもんやね。

こげな美味しかもつ鍋を食べられるとは。

あ、それと、あたきも、ホークスが優勝する限り生きてくつもりばい。