CM特設サイト
保険のビュッフェPR

「一生」と「お金」と「FP」と「保険」の関係

紐解こう!(オリジナル図解付)

アイウチ

writter アイウチ 2018/05/10

いつも、我がスタッフブログに

ご訪問いただきありがとうございます。

アイウチです。

 

保険のビュッフェ~🎶

 

いやー、高橋一生さん出演のCMさまさまです!
参考)CM特設サイトはコチラ

 

今、SNS界隈で

「保険のビュッフェ」に関する投稿を

目にすることがグッと増えました。

 

さすがの国民的俳優効果

をビジバシ実感しております。

 

■保険の会社が、なぜにお金の相談?

時折、サービスについて、

触れていただいた投稿もあり、

広告主冥利に尽きるわけでありますが、

つい先日、個人的に

「うーむ・・・」

と唸らされたTwittter投稿がありましたので

本記事でご紹介いたします。

 

▼コレ!

 

今回のCMキャッチコピーが、

一生のこと、お金のこと、FPに相談しよう」。

 

解釈違ったら ゴメンナサイなのですが、要は、

「保険の会社が、なぜにお金の相談?」

という疑問ですよね。

 

正直「鋭い!」と思いましたので、

以下で紐解いてみたいと思います。

 

■「保険」は将来のお金の悩みを解決する、あくまでツール

保険のビュッフェのFP(ファイナンシャルプランナー)たちは、

こう考えています。

 

「保険」は将来のお金の悩みを解決する、あくまでツール。

 

すなわち、

保険に入れば、即座に不安がなくなるわけではなく、

家計やライフプランを明確にすること

将来の不安をなくす第一歩というスタンスなんですね。

 

ここまでは、前回記事でもお伝えしたところなので、

今日はさらに紐解きます!

 

■将来(=一生)の計画がなければ、お金の不安もどの程度か分からないし、解決方法も分からない

視点を変えて、今までの保険選びって、どうだったでしょう?

 

この業界に入る前の私は、

家族や知人から紹介された

保険会社の営業の方から商品説明を受け、

他社パンフやネットの評判も調べながら、

なんとなく良さげな商品を選んでいました。

 

選んだ基準は、あくまで商品のセールスポイント

 

でもそれが

「自分に本当に合っているか?」

分かっていなかったことを白状します。

 

▼こんなイメージ

今までの保険選び

一方で保険の目的って、そもそも

将来、万が一のことが起こった時の

お金の不安に備えて、

安心して生活するための手段じゃないですか。

 

ってことは、結婚・出産・住宅購入といった

将来(=一生)の計画がなければ、

それぞれのタイミングで

万が一のことが起こったとしても、

どの程度お金の不安が生じるか

検討つかないわけですよ。

 

ましてや、

保険という選択肢がいいのか?自体

も判断しづらいはず。

 

結局、保険以前の話に行き着くわけです。

 

これをどうこうしようと思ったら、

もうイチ保険会社や商品レベルの話じゃなくて、

家計とかライフプランを起点にした

考え方の問題だと思うのです。

 

▼こんなイメージ

これからの保険選び

 

これを個人で考えるのは難しく、だからこそ、

お金全般の知識を備えたFPに相談した方が良くないですか?

というのが私たちの提案です。

 

事実、保険のビュッフェのFPが提供する、

独自メソッド化したマネーカウンセリングは、

下記3点セットが基本メニューとなります。

・家計の現状把握「家計診断」

・将来の家計収支の見える化「キャッシュフロー表作成」

・必要なお金の備える方法「ライフプランニング(未来予想図)」

 

紐解きいかがでしたでしょう。

 

家計とかライフプランを起点にした

考え方が定まる

イメージ湧きませんか?

 

考え方が定まれば、

どんな選択肢に対しても

迷いにくくなるし、決断に納得しやすくなる。

 

大げさでなく、

一生使える羅針盤

ができると思います。

 

これが

「一生のこと、お金のこと、FPに相談しよう」

というCMキャッチコピーに隠れた裏メッセージであり、

「一生」と「お金」と「FP」と「保険」の関係です。





一生とかお金とか言っているけれど、

「結局、保険でしょ?」

と思われるのが、一番私たちは悲しい。

 

私たちの想いが少しでも伝われば、

これ幸いです!

 

それでは次回もお楽しみに。。。