お仕事の話

ビュッフェと私と秋模様

秋ってなんだか物憂げにふけたくなる。

いのさん

writter いのさん 2016/09/20

今日は別ネタのブログを書こうと思っていたのですが予定変更!

保険のビュッフェに入社してからのことを振り返ってみることにしました。

 

保険のビュッフェに入社して丸1年が経ちました。

いつも思うことですが、1年って過ぎてしまうととっても早い。

1年間のいたるところで、「1日」さんがサバよんで、

1日23時間とかしかない日があるんじゃないかというくらい、

あっという間に過ぎてしまう1年。

 

1年前の今頃は何がなにやらわからず、毎日カオスでした。笑

正直なところ、この会社で自分がやっていける自信は全くありませんでした。

(ハハハー。とりあえず笑ってごまかします。)

 

入社してすぐ、ラッキーなことに社員旅行に行き、

そしてまたラッキーなことにシルバーウィークで5連休だった去年。

 

でも連休は「やったー!!」っていう感じではなかったことをよく覚えてます。

というのも、やることすべてが初めての仕事だったので、

勉強しなきゃ!なんとかしなきゃ!という焦る気持ちばかりで、

一人で勝手に余裕がなかったんですよね。

 

自分で決めた転職だし、しっかりやらなきゃ!という気持ちが

まぁおもしろいくらいに空回りまして、視野が狭くなっていたように思います。

 

経験と年を重ねてもいつまでたっても、

ふがいない自分がいて嫌になることもしょっちゅうあるのですが、

でも1年経った今も辞めることなく、保険のビュッフェにいます。

 

1年くらいで何言ってるんだ!と思われるかもしれませんが、

どこの職場でもそうですが、辞めようと思えば、いつでも辞められてしまいますよね、仕事って。

 

以前の職場でも入社の翌日もう来なくなった人もいたものです。

「社会人としてどうなの!!?」という見方もあると思いますが

苦痛を抱えて続けるよりは、スパッと次に行ってしまうほうが

会社のためにも自分のためにもいいと思います。(私個人の意見ですが)

 

入社当初自信がなかったのは自分の問題。

その後もいろんなことがありました。

迷うことも憤慨したことも傷ついたこともありました。

でも別にだから辞めようとは思いませんでした。

 

例えば、

保険のビュッフェが

悪人の巣穴(それはそれで見てみたい)だったり、

ブラックすぎるほどのブラック企業だったりしたら

わかりませんがね。笑

 

それは経験として、どこの職場でも何かしら悩み事がでてくる、

ってわかっているから。

でもそれって大抵自分自身の問題だし、何も悩みなんてありませーんみたいな

能天気でいられる環境って絶対つまらないと思うから。

 

時には自分自身で、時には周りの人に支えられ

いろんな理由で毎日働いて、今に至るワケです。

 

と、そんなことを1年経った今、思うのです。

なんでこんなこと急に書き出したかってゆうと

そう、それは・・

秋だから!!

 

ぜーんぶ秋のせい。

ってことにしておいてください。

 

きりよく1年経ったので、ちょっと振り返ってみようかなと

思ったのですが、自分語りみたいで恥ずかしくなってしまいました。

でも自覚しているのでソッとしておいていただけますとアリガタイです。

 

保険のビュッフェは急成長中なので、

新しい仲間を今も進行形で募集しています。

フレッシュな新しいパワーが加わってくれるのが楽しみです。

 

ちょっと気になるという方は

コーポレートサイトの社員インタビューを見ていただけると

ちょっとは雰囲気が伝わるのではないかなと思います。

 

会社という組織の中って、手っ取り早くいろんな人の人間性が

見られる小さな社会。

おもしろいなーと思います。

関わる人が増えれば増えるだけ、『自分の意見ストック』が増えていって、

いろんな物の考え方ができるから、それってとってもお得なハナシ。

 

・・・お得なんだけれどもやっぱり生き方ベタな私は、

今日も生き方上手になる術を模索中です!