マネーの話 , 話題のニュース

30代★ホンキOL ふるさと納税、なんでもいいんか?

そのうち引き出物カタログみたいになって百貨店で売られるんじゃないか?!

晴れ女

writter 晴れ女 2016/08/16

ちょっと気になるサイトをみつけた。

なんだかファッション通販みたいなふるさと納税サイト。

サイト

<画像:http://noma-style.com/ より>

福島県南相馬市のふるさと納税特設サイト「noma-style.com」をNPO法人が立ち上げた。

ここでは、女性若年層に人気なジェラートピケやアディダスなど、アパレル企業の商品が納税返礼品として寄附者に贈られる。

main-image

<画像:http://noma-style.com/ より>

うん。なんかオシャレな感じね。

けどさ、ふるさと納税で寄附して返ってくるものって、ふるさとで手間暇かけてできた特産品や、地元ならではのサービスではなかったっけ?

このアパレルって福島でできているわけじゃないじゃん?おかしくないか?

って。

思ったのでふるさと納税のこと、調べたんです。

そしてナットク。

とりあえず先に総務省のページを。↓

 

ふるさと納税制度は、「生まれ育ったふるさとに貢献できる制度」、「自分の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度」として創設されました。
自分の生まれ故郷に限らず、どの自治体にでもふるさと納税を行うことができますので、それぞれの自治体がホームページ等で公開している、ふるさと納税に対する考え方や、集まった寄附金の使い道等を見た上で、応援したい自治体を選んでください。

総務省 ふるさと納税ポータルサイト より

ってね。

つまりは、寄附したあとの返礼品はおまけでしかなくて、地域の観光活性化をするか、農産物の認知を図るかは各自治体次第なわけだ。

そうなると、いかに魅力的なモノやアイデアで「寄附したい!」と思ってもらえるかが肝心。って考えたら、南相馬市の始めたことは、「復興のために必要な資金を集める」というミッションに対してすごいナイスアイデア。

今後賛同する企業がどのくらい出てくるかだけど、そのうち引き出物カタログみたいになりそうな予感。