プライベート

30代ホンキOL★ きっかけは柴咲コウ。仕上がりはラッセンが好きなあの人・・・

小児がんや難病の子供たちのために・・・私ができること

晴れ女

writter 晴れ女 2016/07/28

「ヘアドネーション」って知っていますか?

私も最近知ったのですが、JHDACという団体が行っている、髪の毛を寄付する活動です。

http://www.jhdac.org/

寄付した髪の毛は、子どもたちのウィッグとして利用してもらえます。

きっかけはNHKでやってた特集。柴咲コウや水野美紀も参画したとか。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/1934/2110179/

抗がん剤などで髪の毛を失った子供たち。人毛のウィッグは高額だし、成長が早くてすぐサイズが変わっちゃう。病気と闘うだけですごいパワーを使う毎日だろうし、少しでもHAPPYになってほしいなって。

それから、35センチ寄付をしよう!と決めて、いざ。

まずはリサーチ。

どうやら

・髪の毛は31センチ以上必要

・過度な傷みがあるとNG(私でOKだったのでほとんどの人が大丈夫だと思う)

・輪ゴムで束ねて発送

・乾いた状態でカットしたもの

・輪ゴムのうえ2センチでカット

などなど、色々決まりがあるらしい。

これをいつもの美容師さんに説明するのがめんどくさくて、今回私はJHDACが紹介している美容院に行きました。

そして

早速輪ゴムで束ねられ。

「後悔しないですか?」となぞの念押し。

ここまできて後悔なんてありえないし、即答で「はい」。

IMG_8140

そして

IMG_8141

切った髪の毛の束を手にとった瞬間がなんだか不思議な気分だった。。

ファイル_000 (2)

なんか・・・すごい傷んでるね・・・。

髪の毛は普通にカットすると、産業廃棄物として処理されるそうです。

ゴミにするか役立ててもらうか…すごい極端な結末だな…とここでもまた不思議な気分。

で、なんやかんや言ってるうちに、完成。

IMG_8144

ラッセンが好きなあの人みたいな感じになったことに笑えた。

けど。

思えば3年くらい、何も考えずに伸ばしてきたこの髪の毛。誰かの役に立ってくれるなら伸ばした甲斐もあったなと自己満足。

協会に賛同している美容院は意外と少ないけど、相談すると対応してくれる美容院は多いそうです。

そりゃそうだよね。

すっかりめんどくさがって紹介してくれてるところに行ってしまったし、来月いつもの美容院行ったらビックリされそう。。。