プライベート , 私の趣味

音のない生活 PART2

大人になって音楽を聴かなくなる理由・・?

いのさん

writter いのさん 2016/07/07

はぁ。あっつい!あついですね~

真夏生まれですが、暑いのは苦手です・・

 

さて、昨日のブログでテレビがない生活を送っていると書きました。

テレビがないなら音楽聴けばいいじゃん!と思うのですが、

そういえば音楽ってめっきり聞かなくなったなと思い、今日はその話です。

 

いつから聴かなくなったのかな~と思ったのですが、よくわからない。

10代とか、20代前半くらいはバカみたいに聴き漁っていたものですが。はて。

それこそ、ROCKIN’N ON JAPANとか毎月のように買っていたものですが。はてはて。

まぁ聴かなくなりましたね。

 

と言っても、通勤・帰宅時とかは普通に聴いてますし、

CMとかで「お!」と思った曲は誰かなと気になったりもします。

全く聴かないわけじゃないけど、必須じゃなくなりました。

 

この現象についてなんでかなーと思っていたのですが、やけにしっくりきたことがあるんです。

何かで読んだのか、はたまた、誰かに聞いたのか、その出所は忘れました。

そして何て言葉だったかも覚えていないのですが、自分で解釈したところ、こんな感じ。

 

自分だったり、恋愛だったり若い頃は悩み事がいっぱいで、でもそれをどうしていいかわからず、

音楽に救いを求めていたりする。その解決する術を持ってないから。

で、たまたまハマった曲がいれば、もうそのアーティストの大ファンになっちゃう。

でも大人になるにつれて、忙しくなるのもあるけど、自分自身でどうにかする術を自然と身につけていくから、

音楽に頼らずとも生きていけるようになる。

 

なーんかこんな感じだった気がします。

納得。

 

私も若い頃、モヤモヤした気持ちを抱えながら、盗んで・・はいないバイク(と言っても原付)に乗って、

深夜にTSUTAYAに行ったことがあったなぁ。と思い出す。

15の夜ではなかったけど。

懐かしい。そして恥ずかしい。

 

ま、そんなこと言っても、週末にはライブに行くし、8月にはフェスも行きます。

聴く頻度は減っても、結局のところ、音楽好きは変わりません。

 

だけれどもいろんな事情により音のない生活を過ごし中です。