クッキング

一食100円以内で作れる簡単料理 前編

お財布の中身が寂しいときに活躍させたい節約食材は?

ねこやま

writter ねこやま 2016/05/23

5月はゴールデンウィークもあり、お金を使う機会が多いですよね。気がつけばお財布の中身がかなり寂しい・・・なんてことになりがちです。そんな時は、自炊して食費を切り詰め、ピンチを切り抜けましょう。

食費を節約したい時の強い味方が低価格の食材「節約食材」。節約食材を使ったメニューにすれば、1食あたりのコストを100円~200円程度に抑えることが可能です。

節約食材を使って、安くて、おいしくて、栄養バランスの良い食事を作りましょう。

 

私がよく使う節約食材は以下の通りです。

まず、タンパク質を多く含む食材は、

たまご

納豆

鶏ムネ肉

高野豆腐

 

私が普段利用するスーパーでは、たまごは1個20円程度。この中で一番高価といえる食材、鶏ムネ肉でも100g70円程度。100円以内で1品作ることができます。

次に野菜です。多くの野菜は季節や天候によって価格が変動しますが、以下の野菜は価格変動がほとんどない、いわゆる、物価の優等生野菜です。

もやし

豆苗

カイワレ大根

切干大根

 

もやしは1袋30円程度。カイワレ大根、豆苗も1パック70~80円です。切干大根は1袋100円程度で、この中では最も高価ですが、水で戻せばかなり膨らむため、コスパ(コストパフォーマンス)は高いです。

今の時期はニラや春キャベツなども比較的安く手に入ります。

 

例えば、鶏ムネ肉のソテー、もやしのナムル、切干大根のお味噌汁というメニューにすれば、一食あたりのコストを150円程度に抑えることが可能です。ですが、もっと簡単・低コストで作れるメニューがあります。

ということで次回は、一食100円以内で、包丁を使わずに簡単に作ることができる料理レシピをご紹介します。