マネーの話 , 話題のニュース

不倫の代償。ゲス川谷、宮崎、文枝、乙武、石井竜也、安村、不倫による経済損失は?

不倫の代償が大きかった人、小さかった人。

ねこやま

writter ねこやま 2016/04/26

今年に入ってから次々と発覚した有名人の不倫。

有名人にとって、不倫はハイリスクな行為。誘惑に負け禁断の恋に足を踏み入れてしまうと大きな代償が。

今年、不倫が報じられた有名人の不倫による経済損失について考えてみました。

 

ゲスの極み乙女。 川谷絵音氏 

既婚者であることを伝えないままベッキーさんに近づいたということもあり、大きなイメージダウンとなりました。しかし優れた楽曲を作っている限り、急激にファンが離れるということは考えにくく、不倫による経済損失は極めて小さいとみられます。

 

前衆議院議員 宮崎謙介氏

育休取得を宣言しながら、妻の出産入院中の不倫が発覚し、国会議員を辞職した宮崎氏。現在は政界復帰への道を模索しているとかいないとか。辞職により国会議員としての年収(2500万円~3000万円)を失いました。

 

桂文枝氏 

元演歌歌手との20年に及ぶ不倫が週刊誌に報じられた文枝氏。大物落語家の不倫疑惑に対しては世間の見方もそれほど厳しくないようです。今のところ「新婚さんいらっしゃい!」の司会を降板するという話も聞きません。不倫報道による経済損失は小さいでしょう。

 

乙武洋匡氏

これまで5人の女性と不倫したことを認めた乙武氏。自民党は参議院選挙の候補者として乙武氏を擁立することを断念、政界進出の道が断たれました。不倫騒動の影響は、メディア出演や講演活動にも及ぶと見られ、生涯賃金は10億円ほどダウンするのでは(?)との見方もあります。

 

石井竜也氏

30歳年下のファンとの不倫を報じられた石井氏。即座に不倫を認め、謝罪。奥さんと手をつないだ姿を披露するなど、スピーディーな対応でした。こうした対応も功を奏し、厳しい見方をする人は少ないようです。不倫報道による経済損失はほとんどないとみられます。

 

とにかく明るい安村氏

週刊文春に不倫デート現場をおさえられた安村氏。愛妻家をアピールしていたということもあり、不倫によるイメージダウンは避けられないとみられます。それでも芸が面白ければ仕事が減ることはないでしょう。今のところ芸風は一発屋の傾向が強いので、今後も芸能界で生き残っていけるかどうかは実力次第といえます。

 

以上、有名人の不倫による経済損失について考えてみました。

クリーンなイメージが求められる立場の人の不倫は致命的である一方、実績のあるアーティストや大物芸人の不倫には世間も寛容なようですね。