チャレンジ

30代ホンキOL★ スマホのポテンシャルを知る【第2弾】

キーボード世代の私の悩みを解決するフリック入力の時短ワザ

ハルカさん

writter ハルカさん 2016/04/12

ブラインドタッチこそ文字入力の神

キーボード世代という言葉が正しいのかどうか。そこは別として、ブラインドタッチこそ、文字入力の最速だと思っている私です。学生時代にはPCの授業があった世代。オフィスソフトの使い方、インターネットとは?を授業で学んだ世代です。

ブラインドタッチができるようにと、ゲーム型の練習問題を打ったものです。

だからキーボードのない、携帯でのメールは文字を入れるのがおっくうで、いつも短文。スマホになってから、ボタン押している感覚がなくて更に短文になる傾向にある私。

でも、本当のスマホの使い手はキーボードを超えるスピードで文字を打ち、PC作業なみの文章量を書きあげるとか。

その差はフリック入力のマスター度合い。

アプリ開発をしている方と以前お話ししていたときに、スマホユーザーの文字入力量が増えている一方で、入力へのストレスは下がっているという話を聞きました。

正直、私にはまだ慣れない文化。でも、スマホやタブレットの普及にともない、キーボードを触ったことのない世代のシェアが拡大中。キーボードを超えるスピードで文字のやり取りをする人達の増加で、コミュニケーションスピードがもっと速くなりますね!

んで。フリック入力の時短ワザ

みんな知っているのかな?私は知らなくっていつもちょっとイラっとしていたんです。スマホで「」(かっこ)を入力するとき。

IMG_7264

”かっこ”って入力しても、「」両方選択するのに同じことを2回しないといけない。しかも、二重カッコの場合はすぐには出てこないし、それぞれが対になってないから厄介。

単語登録をすれば済むけど、それもちょっとめんどくさくて。

で、そんなわたしがふとした瞬間に見つけたのが、コレ。

IMG_7258

ね。”や”を選択すると左右に出てくるんですよ!

でね。

IMG_7266

それを選択すると、候補に各カッコがちゃんと対になって出てくるんですよー!

って。知ってる人にはなんでもないことかもしれないけど、知らなかった私には、ストレスもなくなるし、時短にもなるし、本当にHAPPYな発見。

スマホにはもっと私の知らないHAPPYになれる発見があるのかもしれない。スマホのポテンシャル恐るべし。