プライベート , 保険のビュッフェPR

新社会人のみなさん、自分にあった保険を選択するために保険の知識を身につけましょう。

保険のビュッフェ無料相談のススメ。

ねこやま

writter ねこやま 2016/04/05

新社会人の皆さん、社会人デビューおめでとうございます。

これから皆さんは様々な「初めて」体験をすると思います。社会人デビューをきっかけに、生命保険に加入する方も多いことでしょう。

保険に加入するにあたって大切なことは、自分に合ったプランを選ぶこと。当たり前のことのようですが、必要のないプランを選択し後悔する人も意外と多いようです。

私が新入社員だった時代、保険会社と私たち消費者をつなぐ窓口といえば、ほとんどが保険外交員、いわゆるセールスレディでした。企業のセキュリティは今と比べるとずいぶん緩やかで、セールスレディたちは自由にオフィスに出入りしていました。

新入社員が入社する春は彼女たちにとっては書き入れ時。私も熱心な勧誘を受けました。

社会人になったばかりで、保険についての知識など何もなかった私。言われるままに保険を契約・・・・せず、勧誘は断ってしまいました。

理由は単純で、将来に備えることよりも目先のお金を確保することを優先したから。愚かでした。多少なりとも将来に備えておこうという意識があった同期の男性社員たちは保険を契約していました。

彼らの中には、保険に入った後に病気で入院することになり、早速、保険が役に立った人がいる一方、必要のないプランを契約し後悔していた人もいました。

今は、保険に加入するための窓口の種類も増え、昔に比べると消費者にとって保険が身近な存在になったように感じます。

選択肢が多いのは良いことですが、どの保険に加入するのか最終的に判断するのは自分自身。よくわからないうちに気づいたら必要のない保険を契約していたなんてことになったら大変です。では、そうならないためにはどうすればよいでしょうか。

大切なことは、自分にとって必要な保険とはどういうものなのかを判断できる能力を身につけることです。そのためには保険についての知識を身につける必要があります。

保険の知識を身につける一番簡単な方法は、保険に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)などの専門家に教えてもらうことではないかと思います。

 

保険の知識を身につければ、不安な気持ちも減るのではないでしょうか。