雲
プライベート

震災から5年。何を想う

被災地のために私たちができることはたくさんあります。

いのさん

writter いのさん 2016/03/11

東日本大震災から今日で5年となりました。

 

当日、私は東京のオフィスにいましたが、今まで体験したこともないような大きな揺れに恐怖を感じました。

近くの小学校には、防災用のヘルメットをかぶった人がたくさん集まっていました。

非日常の光景にますます恐くなったことが今でも忘れられません。

帰宅時には、歩道を埋め尽くす人の数々。

本当は安全な場所に留まっていた方がいいのでしょうが、私は一刻も早く家族の無事を確かめたくて、何時間もかけて歩いて帰りました。

 

当時の現状を伝えるテレビのテロップの異様さは思い出しても恐ろしくなります。

被災地の状況はニュースなどを通してでないと知ることができなかったのですが、

1年半ほど前に実際に気仙沼に行く機会がありました。

知り合いから気仙沼に行き、気仙沼の食べ物を食べ、気仙沼に泊まるだけでも復興支援になるんだよと言われたのです。

 

俳優の渡辺謙さんが、「繋ぐ」をコンセプトとし、被災地の方に心の港(port)をプレゼントしようと宮城県気仙沼市につくられたカフェ『K-port』に行ったのですが、そこには自分たちの力で被災地を盛り上げようとされている方が大勢いらっしゃいました。

 

実際にお話もしました。津波の被害でご家族を亡くされた方、家がなくなってしまった方、ケガをして仕事ができなくなってしまったという方もいらっしゃいました。

それでも皆さん共通しているのは、自分たちの街を愛していること。地元の絆が強いこと。何よりも明るいこと。そして人への感謝の気持ちが強いこと。

ボランティアで多くの人が被災地を訪れていますが、それが本当にありがたいとおっしゃっていました。

途端に、被災地の現状を直接見るのが恐いと思ってしまっていた自分が恥ずかしくなりました。

被災地の方がこんなにも強い気持ちを持っているのに、何を恐がる必要があったのだろうかと。

 

私たちが被災地のためにできることはたくさんあります。実際に支援をされている方、団体もたくさんあります。

 

その中の1つとして、「忘れないこと」。これも重要なことだと思います。

毎年この時期になると、震災関連のニュースが多くなりますが、この時期に限らず常に被災地の現状を伝えてほしいです。強く生きる姿にまた、勇気をもらっている人々もいるのですから。

今自分にできることは何か?それを考えながら、私も強く生きていきたいと思います。

 

一日でも早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。