静岡県の保険のビュッフェ店舗です。詳細確認や、その店舗での相談をご予約できます。

静岡県の保険相談店舗一覧

保険のビュッフェで保険相談する5つのメリット

  • 1

    何回相談しても、何時間相談しても無料です

    何回、何時間相談しても無料

  • 2

    強引な勧誘一切なく、気軽に相談できます

    強引な勧誘一切なし

  • 3

    相談相手FP(お金の知識を備えたプロ)だから安心

    相談相手FP(お金のプロ)

  • 4

    各社保険のメリット/デメリットを一度比較できます

    各社の保険を一度比較できる

  • 5

    お客さま満足度が、95%と高い評価をいただいています

    お客さま満足度95%と高い

※生命保険、医療・がん保険、年金保険、学資保険、介護保険、火災保険、地震保険、自動車保険、傷害保険 等

[無料] 保険相談って、どんなサービス?

静岡県の保険相談対応エリア(地域)一覧

静岡県で活動している保険のビュッフェのファイナンシャルプランナー(FP)は、下記エリアのご指定の場所まで訪問することが可能です。

沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、富士市、御殿場市、下田市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、函南町、清水町、長泉町、小山町、静岡市、島田市、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町、川根本町、浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町

※FPのスケジュール、空き人員によっては、ご相談をお約束できない場合もあります。

静岡県での[無料]保険相談は、離島(初島、淡島)以外は、ほぼ全域を対応しております。

静岡県の生活豆知識

富士山は、和歌山県からも見えます。
富士山が一番遠くから見えるのは、和歌山県那智勝浦町にある妙法山だとされています。その距離なんと322.6km。こんなにも遠くから富士山が見えるのは、富士山が日本一高い山であること加え、富士山との間に視界を遮る障害物がないという好条件が重なったためですが、実際に眺めるためには天候に恵まれることが必要不可欠です。

静岡県のお金にまつわる地域情報

静岡県内の事業場で働く(パート・アルバイト等含む)すべての労働者に適用される「静岡県最低賃金」が改正され、平成30年10月3日(水)から、858円となります。
毎月勤労統計調査(平成30年8月分結果)の賃金項目では、きまって支給する給与は、規模5人以上で237,179円、前年同月比1.5%減、2ヶ月連続で前年同月を下回り、規模30人以上では257,398円、前年同月比1.0%減で、8ヶ月連続で前年同月を下回りました。

静岡県の子育て環境

静岡県の子育て支援について
・ぎふ子育て応援団
・ファミリーサポートセンター
・保育関連
・保育士・保育所支援センター
・児童健全育成
・児童手当
・父子手帳

静岡県の人口や福祉環境

平成30年3月、平成28年データに基づく都道府県別健康寿命が厚生労働省から公表されました。
過去3回(平成22年、平成25年、平成28年)の健康寿命の平均値で、静岡県は男性が72.15歳、女性は75.43歳で男女ともに全国2位でした。
また、本県が独自に算出した男女計の平均値も、73.82歳で全国2位となり、本県が全国トップクラスの健康長寿県であると言えます。

静岡県庁 公式サイトより

FP相談、保険相談が人生を考えるきっかけに

保険のビュッフェのFPは、お客さま一人ひとりのご希望に合ったライフプランニングをするために、複数の選択肢から幅広く検討しご提案いたします。
静岡県に長く住む方も、これから住まわれる方も、保険のビュッフェのFPが静岡市、浜松市にある店舗のほか、お客さまのご都合に合わせてご自宅やお近くのレストランにもうかがいますので、ぜひ無料相談をご利用ください。

保険相談、家計相談、貯蓄・資産形成のご相談など、お金に関することは何でもご相談ください。

保険相談実績19万世帯以上

おすすめのコラム

よくあるご質問ランキング

1相談したら、保険に加入しないといけないの?

ナットクしないのに、保険に加入する必要はありません。

生命保険は、一生払い続けたら、一般的に数百万円から数千万円にもおよぶこともある高い出費。 じっくり検討の上、ナットクしてから入るものです。
ファイナンシャルプランナー(FP)たちも、その点は十分承知しておりますので、分からないことは、遠慮なく質問してください。
最終的に必要を感じなければ、その旨、ハッキリお伝えいただいて構いません。

  • 保障と貯蓄をWでカバー
  • 満足度95%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

2保険相談にデメリットはないの?

対面スタイルなので、人によっては、抵抗あるサービスかもしれません。

確かに、電話やメールで済ませたいという方にとっては、少々、わずらわしいと思われるかもしれません。 あえて言えば、この点がデメリットです。

しかし、効果的なアドバイスのためには、どうしても各世帯の状況(家族構成のほか、今後のライフプラン、家計のことなど)を詳しく把握する必要があります。

また、最終的に生命保険に加入する場合、必ずファイナンシャルプランナー(FP)がおうかがいして対応することになるので、全体の円滑な進行を目指すと、対面スタイルがお互いにとって、最もメリットがあると考えています。

お客さまの貴重なお時間を頂戴することになりますが、これは本当にナットクいただける保険を提案したいという気持ちの表れ。 その点をご理解いただけるとありがたく思います。

  • 保障と貯蓄をWでカバー
  • 満足度95%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

3保険相談は、生命保険会社や保険ショップと何が違うの?

相談を担当する者、取扱える保険会社数、相談場所などに違いがあります。

参考までに下記に比較表をつくりました。それぞれの特徴を参考にご自身に合った相談相手をお選びください。

保険相談のサービス比較表



取扱保険会社一覧

生命保険

  • ライフネット生命

  • オリックス生命

  • 三井住友海上あいおい生命

  • メットライフ生命

  • メディケア生命

  • ニッセイ・ウェルス生命

  • アフラック

  • アクサ生命

  • FWD富士生命保険

  • ジブラルタ生命

  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

  • マニュライフ生命

  • 東京海上日動あんしん生命

損害保険

  • AIG損害保険

  • 三井住友海上火災

  • ソニー損保

  • 損害保険ジャパン日本興亜

  • セコム損害保険

  • チャブ損害保険

  • あいおいニッセイ同和損保

  • 東京海上日動火災保険

  • 保障と貯蓄をWでカバー
  • 満足度95%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

4本当に保険相談は無料なの?

何回相談しても、保険相談は無料です。ナットクいくまで、ご相談に乗ります。

一般的には、3回前後(各1~1.5時間)ご相談される方が多いですが、いずれも相談に関するお客さまの料金負担はいっさいありません。

また、ファイナンシャルプランナー(FP)の交通費、ご相談場所がレストランやカフェの場合のFP分の飲食代もお支払不要ですので(お客さま分は各自でお支払をお願いしております)ご安心ください。

生命保険は、お客さまの人生設計を元に選ぶ商品。 すぐに加入を決められるものではないということは、私たちも理解しています。

ぜひ、ナットクいくまで、相談してください。

※ ただし、お申し込みは一世帯一回限りとなります。

  • 保障と貯蓄をWでカバー
  • 満足度95%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

5保険相談は、どこでやるの?

ご自宅・お近くのレストランやカフェ、保険のビュッフェ店舗など、お客さまご指定の場所までFPがおうかがいいたします。

その他勤務先など、お客さまのご都合に合わせて相談場所をお選びいただけます

保険のビュッフェ 対応エリア
保険のビュッフェ 店舗一覧

相談にあたっては、現状を確認するために、プライバシーに関わるお話(家族構成のほか、今後のライフプラン、家計のこと)もヒアリングさせていただきます。

周囲に不特定多数の方がいらっしゃいますと、なかなか話しづらい内容かと思いますので、じっくり落ち着いてお話しできる場所をオススメしています。

実際に今までご利用いただいたお客さまの中には、「周りを気にせず相談できる」という理由から、ご自宅でのご相談を選ばれるケースが多いです。

  • 保障と貯蓄をWでカバー
  • 満足度95%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

もっと見る

保険の加入や見直し、FP相談のベストなタイミング

公式運営メディア