貯蓄 , 子ども・教育

子どもの教育費をシミュレーション!総額は平均いくらかかる?

子どもの教育費をシミュレーション!総額は平均いくらかかる?

この記事の早わかり要約

  • 幼稚園から大学卒業まですべて公立の場合でも、約1,000万円の教育費が必要です。
  • 国や地方自治体による教育費の負担軽減制度や奨学金制度もあるので有効活用できるようチェックしておきましょう。

子どもの教育費シミュレーション 一体いくらかかる?

公立・私立、文系・理系など、子どもの進路によって教育費は変わるもの。では、一体どのくらい変わるのでしょうか。

 

そこで今回の記事では、公立・私立などを幼稚園・小学校・中学校・高校・大学と段階ごとに比較した教育費総額を見ていきます。

 

ぜひ、お子さまの進路に必要な教育費の目安にしてください。

 

※教育費総額・・・学校教育費、学校給食費、学校外活動費などを含んだ合計額

 

1. 幼稚園の教育費

■幼稚園の教育費総額

公立 年間233,947円×3年=701,841円
私立 年間482,392円×3年=1,447,176円

 

子どもが幼稚園に入ると、月謝や習い事などの教育費もかさみます。公立の教育費総額は私立の半分以下ですが、公立の幼稚園数は少ないのが実情。

 

なんと83.3%の幼稚園児は、私立に通っているのです。私立幼稚園児のいる家庭に対して補助金を支給する地域もあるので、お住まいの自治体の制度を調べてみると良いでしょう。

参照:文部科学省 平成28年度子供の学習費調査

 

2. 小学校の教育費

■小学校の教育費総額

公立 年間322,310円×6年=1,933,860円
私立 年間1,528,237円×6年=9,169,422円

 

幼稚園とは逆に、小学校は公立に通うのが一般的です。私立に通う子どもは全体の1.2%になります。

 

年間の教育費総額を比べると、私立は公立の4.7倍。そのうえ、小学校は6年間あるので、公立と私立の教育費総額は約720万円もの差が出ます。

 

3. 中学校の教育費

■中学校の教育費総額

公立 年間478,554円×3年=1,435,662円
私立 年間1,326,933円×3年=3,980,799円

 

中学校の教育費総額は、公立と私立を比べると3倍近く違いますね。そのせいもあってか、私立の中学校に通う子どもは全体の約7%。

 

しかし、私立には学校独自の校風や中高一貫の効率的なカリキュラムなど、公立にはないメリットがあるのも事実です。

 

 

4.高校の教育費

■高等学校(全日制)の教育費総額

公立 年間450,862円×3年=1,352,586円
私立 年間1,040,168円×3年=3,120,504円

 

高校になると、私立の教育費総額は公立と比べて2倍強。私立の高校に通う子どもは全体の約32%を占めます。

 

各家庭の教育費の負担を軽減するため、一定の条件を満たせば給付を受けられる高等学校等就学支援金制度というものもあります。

 

≪高等学校等就学支援金制度の対象者≫

※平成26年度以降に高等学校に入学する生徒が対象

 

・国公私立の高等学校(全日制、定時制、通信制)
・中等教育学校後期課程
・特別支援学校の高等部
・高等専門学校(1~3学年)
・専修学校(高等課程)
・専修学校の一般課程や各種学校のうち国家資格者養成課程に指定されている学校
・各種学校のうち一定の要件を満たす外国人学校(告示で指定)

 

【高等学校等就学支援金制度の対象として指定した外国人学校等の一覧】

ただし、以下の方は対象とはなりません。
・高校等を既に卒業した生徒や3年(定時制・通信制は4年)を超えて在学している生徒
・専攻科、別科の生徒や、科目履修生、聴講生
・市町村民税所得割額が30万4,200円以上の世帯の生徒

参照:文部科学省 高等学校等就学支援金(新制度)Q&A

 

5. 大学の教育費

■大学の入学から卒業までの教育費

(入学費+在学費×年数=合計額)
大学       85.2万円 + 153万円×4年   = 697.2万円
国公立大学    69.2万円 + 108.5万円×4年   = 503.2万円
私立大学文系   92.9万円 + 161.3万円×4年   = 738.1万円
私立大学理系   87.0万円 + 180.2万円×4年   = 807.8万円

 

これまで見てきたように、子どもにかかる教育費の半分以上が大学に通うお金になるのです。

 

しかも、これらに加えて、仕送りなどがある場合、プラスで準備するべき費用が必要です。また、大学院や私立の医学部に進学すると教育費はますます増加します。

 

しかし、大学は高校までと比べて、国や地方自治体の入学料・授業料の免除制度や奨学金などが充実しているので、利用を検討する方は早めにチェックしておきましょう。

 

今後の社会状況などによって制度が変わる可能性もあるので、国や地方自治体のHPを細めに確認すると良いでしょう。

 

【授業料の免除】

東京大学 授業料等の免除

 

【奨学金制度】
日本学生支援機構 奨学金の制度
※大学の教育費は、日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」(平成 29 年度)を参照

 

子どもの教育費をトータルでみると、幼稚園から大学まですべて公立で、ストレートで卒業された場合でも、約1,000万円かかります。

 

大切なお子さまが希望した進路に進めるように、教育費をいつまでにいくら貯めるかを想定し、計画立てて貯蓄することが大切です。

 

何歳までにいくら貯めればいいのか気になるところですよね。下記記事で、学資保険を例にして説明していますので、参考にしてみてくださいね。

教育費 子どもが何歳のときまでにいくら貯めればいいの?

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

 

おさらい

  • 幼稚園から大学卒業まですべて公立の場合でも、約1,000万円の教育費が必要です。
  • 国や地方自治体による教育費の負担軽減制度や奨学金制度もあるので有効活用できるようチェックしておきましょう。

(最終更新日 : 2018年12月14日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

保険のビュッフェナビの記事を評価してくださり、誠にありがとうございます!
保険の見直し以外にも、家計や貯蓄、資産運用などお金にまつわるご相談を承っております。

[無料] FP相談する