保険

保険見直しのタイミングはいつ?

この記事の早わかり要約

  • 環境が変化したとき(就職、マイホーム購入、独立/起業)は、経済的な変化も伴うので保険を見直した方が良いタイミングです。
  • 家庭環境が変化したとき(婚約/結婚、妊娠/出産、子どもの独立、夫と離婚/死別、親の扶養)も、今までの保険を見直した方がよいタイミングです。
  • 上手に保険を選ぶためにも、ライフステージにあわせて保険の見直しをすることが大切です。

保険の見直しはいつする?

よくテレビコマーシャルで耳にする「保険の見直し」ですが、普段の会話の中でも話題にあがることはありませんか?

 

保険には見直した方がよいタイミングがあります。内容を理解せずに安易に契約をしてしまうと、いざ必要になったときに、「こんなはずじゃなかった!」となってしまう場合もあるので注意しましょう。今回は、保険を見直した方が良いタイミングとその際に考慮すべきポイントを見ていきます。

 

環境の変化

環境の変化は経済的な変化を伴うタイミングでもあるので、保険を見直した方が良いタイミングと考えられています。では実際にどのタイミングで見直すべきなのかをご紹介します。

見直しのタイミング

就職したとき

就職した際というのは経済的に独立をするタイミングですので、自分にもしものことがあったときでも対処できるように、医療保険、死亡保障、年金保険、就業不能保障等の加入を考えた方がよいでしょう。

 

しかし、大きな保障がある保険は家計にも負担になってしまいます。少しでも出費を抑えたいのなら、定期型の医療保険も選択のひとつです。就職を機に、先をみて保険を選びたいという人でしたら、終身型の保険を考えるのもよいでしょう。

 

また、親が加入してくれていた保険がある場合は、就職のタイミングで内容を見直すとよいでしょう。一般的に保険は年齢が上がるほど保険料も高くなりますので、必要な保障がある方は、一歳でも年齢が若いうちに確認することをオススメします。

 

マイホームを購入したとき

万一の場合に備えて、住宅ローンの残債と死亡保険金が相殺される団体信用生命保険(団信)の検討が一般的でしょう。他には、死亡時から保険期間満了まで、月々決まった額の保険金を受け取れる収入保障保険といった商品もあります。

 

既に加入している死亡保険で住居費の備えをしている場合、団信と重複している保障がないか、このタイミングで確認しておきましょう。

 

独立/起業したとき

もともと会社員だった人が自営業に転向する場合、厚生年金国民年金になることで公的保障の内容が変化します。厚生年金と国民年金の保障の差を、民間の保険で埋め合わせる必要があるのか検討してみましょう。

 

また、経営者の方は、法人を契約者として生命保険に加入する法人保険もあるので、必要性を検討しましょう。

 

家庭環境の変化

環境の変化にあわせて注意したいのが、家族構成や家庭環境の変化です。この場合もどのようなポイントに注意すればいいのか見てみましょう。

 

婚約/結婚したとき

人生の中で大きな転機でもある結婚。結婚をするときは夫婦お互いを守れるような保険を考えたほうがよいでしょう。まず第一に結婚前に加入していた保険の保険金受取人は親から配偶者に変更するなど、契約内容を確認する必要があります。

 

共働きの場合には結婚前と保障内容を大きく変える必要というのは比較的少ないですが、専業主婦になる場合だと、夫の万が一に備えて、※2,000~3,000万円台の死亡保険に加入するのが一般的のようです(収支や預貯金など、家庭の状況によって異なります)。

 

生命保険文化センター「平成28年度生活保障に関する調査」によると、死亡保険金として必要だと考える金額は男性の場合、平均で2,957万円。

 

出産やマイホーム購入に備えて貯蓄も必要になってきます。ライフスタイルも多様化しているので、家計の収支を考慮して自分たちにとって最適な保険を探しましょう。

 

妊娠/出産したとき

妻が妊娠したと分かったら、夫の死亡保障を手厚く考えた方がよいでしょう。子どもが生まれるということは、守るべき家族が増え責任も高まるということです。子どもの将来を考えた生命保険選びをすることが大切です。

 

養育費や学費なども考える必要があるので、学資保険こども保険の加入を早くから検討しましょう。また、子どもの成長に合わせて、保障内容が生活状況に合っているか、定期的に相談、確認するようにしましょう。

 

子どもが独立したとき

子どもが経済的に独立を果たしたら、夫婦2人のための保険を考えたいので、この場合も見直しのタイミングです。老後の生活費も考えなくてはいけないので、老後の資産形成を考慮した保険に変更するのもよいでしょう。

 

夫と離婚/死別したとき

女性の方が親権を持つ場合には、死亡保障を手厚く設定し、受取人を子どもに変更しましょう。子どもが成長すれば死亡保険の必要度は下がってくるため、将来を見据えて収入保障保険を考えてもよいでしょう。

 

親を扶養するとき

介護が必要な親の面倒をみるようになったら、親に十分な貯蓄がない場合、自分に万一のことがあっても親に十分なお金を残せるように、死亡保障の見直しが必要です。

 

このようにライフステージにあわせた保険選びをすることが重要なのです。ライフステージの変化は、それだけ多忙な時期になりますが、保険を見直すことも念頭に置いておくのがよいでしょう。

 

また、ライフイベントの変化以外にも、保険の更新のタイミングや、毎月の保険料の支払いが家計の負担になっているときなども、一度保険の内容を見直してみましょう。

 

おさらい

  • 環境が変化したとき(就職、マイホーム購入、独立/起業)は、経済的な変化も伴うので保険を見直した方が良いタイミングです。
  • 家庭環境が変化したとき(婚約/結婚、妊娠/出産、子どもの独立、夫と離婚/死別、親の扶養)も、今までの保険を見直した方がよいタイミングです。
  • 上手に保険を選ぶためにも、ライフステージにあわせて保険の見直しをすることが大切です。

(最終更新日 : 2018年7月25日)