保険

30代の保険料の平均はいくら?平均から考える保険選び

この記事の早わかり要約

  • 仕事も家庭も忙しい!人生真っ盛りの30代女性は自分の保険について一度しっかり考えておくと安心です。
  • 生命保険文化センターの調査結果によると、約45%の30代女性が月々の保険料の支払いを1万円以内に抑えています。
  • 既に保険に加入している人も、今の自分に合った保障内容になっているのか、家計に対して保険料の負担が大きすぎないかなど、ライフスタイルや年齢の変化のタイミングで見直してみると良いでしょう。

30代女性の保険料の平均はいくら?

「30代女性」とひとくくりで言っても、人によって置かれている環境は大きく異なります。結婚をしている人、子育てや家事に追われている人、家族の介護を抱えている人…。また仕事をしている人にとっては、踏ん張り時と言われる年代でもありますよね。

 

では、同じ30代女性の中で、加入している保険内容や保険料に違いはあるのでしょうか?そもそも30代女性に保険は必要なのでしょうか。また、保険に加入している場合、支払っている保険料の平均はどれくらいなのかについて、考えていきましょう。

 

30代女性に保険は必要?

同じ30代の女性であってもその人生設計は様々です。しかし「保険の必要性」という観点から考えた場合、それぞれの30代女性に共通することがあります。

 

それは、20代の頃に比べ背負うべきものが多くなるということです。

 

家庭を持っていれば、妻としてや母として、多くの役割を担っているはずです。仕事を持っていれば、社会的に担う責任も若いころに比べて大きくなっている事でしょう。

 

まさに人生真っ盛りのこの時に、病気や事故によって生活ができなくなることは避けたいものだと思います。なんの備えもないまま万が一を迎えてしまった場合、周囲の人々に心配をかけるだけでなく、お金の面でも大きな迷惑をかけてしまう事になります。

 

輝かしい30代を送るためには、万が一の時に向けた備えがあると安心と言えるのではないでしょうか。

 

30代女性が保険を検討したい理由

30代なんてまだまだ健康体だ、と思われる方もいるかと思います。しかし本当にそうなのでしょうか?

 

このところ、ニュースやワイドショーでは芸能人や著名人の方のがんのニュースが毎日のように報道されています。

 

実は30代でかかるがんと言うのは、高齢者に比べて非常に進行が早く、気づいた時にはかなり重い状況になっているという事も珍しくないのです。また、高額療養費制度があるとは言え、治療に多額の費用が掛かるという事も考慮しておかないといけません。

 

また、晩婚化や出産年齢の高齢化によって、婦人科系の病気を患ったり、出産そのものがハイリスクになり医療費がかかる可能性もあります。

 

ライフスタイルの変化がんなどに罹患してしまった場合の費用などを考えると、やはり備えとして保険を検討しておくと安心だと言えるでしょう。

 

30代女性が支払っている保険料の平均とは?

保険が必要だという事はわかっていても、毎月・毎年の保険料は家計に負担を与えます。では、皆さんが実際に支払っている保険料はどれくらいの金額なのでしょうか。

 

公益財団法人 生命保険文化センターの平成25年度「生活保障に関する調査」の結果から、30代女性の月々の平均保険料を見ていきましょう。

 

30代女性の年間払込保険料の平均は、15万8,000円という結果が出ています。月々に換算すると、「1万3,000円」になります。30代女性の中でも、最も割合の高い払込保険料の金額帯は、「年間12万円未満」でした。

 

全体の45.6%を占める30代女性の方が、月々の保険料を1万円未満に抑えているようです。月々1万円を一つの目安として保険の加入や見直しを検討してみると良いのかもしれませんね。

 

女性の30代は、仕事でも私生活でも多くの変化が訪れる時期です。20代の頃に加入した保険のままでは保障が足りない場合もあるでしょうし、逆に現在の家計の収支に対して保険料の負担が大きすぎる場合もあるかもしれません。

 

平均寿命が長くなり、30代は人生まだまだこれからです。さらに素敵な自分へとステップアップしていくために、保険についてじっくり考えてみるタイミングの年代と言えるのではないでしょうか。

 

また、保険の新規加入だけでなく、あわせて保険の見直しについてもよく考えておきたいことです。ご自身の年代によって、見直しポイントも異なります。医療保険の見直しについては、下記よりご確認ください。

医療保険の見直しタイミングは30~40代!?見直しの必要性と保険の選び方

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

> FPへの無料相談はこちら

 

おさらい

  • 仕事も家庭も忙しい!人生真っ盛りの30代女性は自分の保険について一度しっかり考えておくと安心です。
  • 生命保険文化センターの調査結果によると、約45%の30代女性が月々の保険料の支払いを1万円以内に抑えています。
  • 既に保険に加入している人も、今の自分に合った保障内容になっているのか、家計に対して保険料の負担が大きすぎないかなど、ライフスタイルや年齢の変化のタイミングで見直してみると良いでしょう。

 

(最終更新日 : 2018年12月14日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

3がこの記事が役に立ったと評価しました。

<お知らせ>