保険

定期保険の選び方のポイントとは?

この記事の早わかり要約

  • 定期保険は、終身保険に比べ保険料が安く、一般的に人気のある保険です。
  • 定期保険には、『解約返戻金』がない商品もあるということを覚えておきましょう。
  • 加入の際は、契約が「自動更新」される可能性もあるなど、しっかり知識を付けた上で、今の状況に合った保険を選択しましょう。

保険選びは重要

みなさんは保険選びに困った経験をしたことはありますか。保険には数多くの種類があり、何を選べばいいか迷ってしまうこともあると思います。保険は今後の将来に大きく関わるものなので、慎重に選んで判断する必要があります。

 

生命保険の種類の中に「定期保険」があります。定期保険は、終身保険に比べ保険料が安く人気が高い商品です。

 

しかし、それだけで判断してはいけません。保険選びは慎重な判断が必要です。そのため今回は、上手に保険選びをするために知っておきたい定期保険のポイントをご紹介します。

保険の種類は3つある?違いを解説

 

定期保険のおさえておきたいポイント

定期保険図版

解約返戻金がないことも

解約返戻金は契約者が保険を契約期間途中に解約したときに払い戻されるお金です。養老保険終身保険などの保険には解約返戻金がありますが、定期保険の解約返戻金はないか、あってもごくわずかです。解約返戻金があるかないかは、保険期間により決まります。

 

解約返戻金を抑える分、終身保険などの保険に比べると保険料が安くなっています。また、満期保険金もありません。そのため、一般的には「かけ捨て型」の保険といわれています。

 

自動更新されることがある

定期保険は一定期間のみ保障される仕組みになっています。つまり、満期を迎えると「無保険状態」になってしまうことになります。

 

無保険状態になることも注意しなくてはならないのですが、本当に注意しなくてはいけないのは定期保険が「自動更新」されることがあるかもしれないということです。

 

通常、満期終了が迫ると保険会社から通知がきます。それ以前やその直後に更新しないという意思を伝えないと自動的に更新されてしまうこともあるので、満期には注意が必要です。

 

さらに自動更新された場合、更新された日の被保険者の年齢や保険料率に応じて保険料も変わります。つまり、以前よりも保険料が高くなってしまう可能性が高くなるのです。

 

保険選びは慎重に

保険にはそれぞれのタイプにメリット・デメリットがあります。自分に最適な保険を選ぶにはそれぞれの保険の特徴を理解しなくてはなりません。その上で自分の状況や目的に合った保険を選びましょう。

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

> FPへの無料相談はこちら

 

おさらい

  • 定期保険は、終身保険に比べ保険料が安く、一般的に人気のある保険です。
  • 定期保険には、『解約返戻金』がない商品もあるということを覚えておきましょう。
  • 加入の際は、契約が「自動更新」される可能性もあるなど、しっかり知識を付けた上で、今の状況に合った保険を選択しましょう。

(最終更新日 : 2018年9月13日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

0がこの記事が役に立ったと評価しました。

<お知らせ>