その他

リバースモーゲージのメリット・デメリットとは?

この記事の早わかり要約

  • リバースモーゲージとは「高齢者が自宅を担保にしてお金を借りられる制度」です。
  • 利用する自治体、金融機関によって条件が異なるので、理解した上で利用するようにしましょう。

リバースモーゲージとは

「退職までに老後資金を準備できなかったらどうしよう」と、老後の生活費に不安を感じている方もいるかもしれませんね。

 

高齢者を対象に、自宅に住み続けながらマイホームを担保にしてお金を借りる方法があるのをご存じですか?

 

今回は、年々利用できる金融機関が増えている“リバースモーゲージ”についてご紹介します。

 

リバースモーゲージの仕組みとは

リバースモーゲージとは、高齢者が住宅や宅地を担保にして、自宅に住み続けながら老後の生活に必要な資金の融資を受けることができる制度です。

 

借りたお金の返済は、債務者の死後に遺族がマイホームを売却して融資の返済に充てる仕組みです。

 

この制度は、マイホームは持っているけれど、金融資産が少なくて困っている方向けといえるでしょう。

 

厚生労働省の支援で各都道府県の社会福祉協議会が運営している福祉的意味をもつリバースモーゲージと、民間の金融機関が提供する金融商品としてのリバースモーゲージがあります。

 

各都道府県の社会福祉協議会が運営しているリバースモーゲージは、世帯を構成している人が全員原則65歳以上であることや、借入世帯が市町村民税非課税等の低所得世帯であること等の条件を満たさなければなりません。

 

福祉的な役割も強いため、低所得者の生活資金向けの制度といえるでしょう。

 

一方で、金融機関のリバースモーゲージは、使用用途の制限がない場合もあり、有料老人ホームの入居資金に利用するなど、老後を豊かにするために使えるのも特徴です。

 

ただし、対象物件の評価額が一定金額以上必要になったり、地域を東京都・愛知県・大阪府等の都市部に限定していたりする場合もあり、条件は金融機関によって異なります。

 

 

リバースモーゲージのメリットとデメリットは?

メリットは、自宅を手放すことなく融資が受けられることです。借入の返済は住宅を売却して行います。

 

そのため、債務者が生きている間には返済の義務がないこともメリットです。

 

デメリットは、長生きリスクや金利上昇リスク・不動産価格下落リスクなどがあります。

 

長生きすればするほど、金利等で返済金額は膨らみますし、金利上昇、不動産価格の下落等、市場の要因で返済金額が膨らんだり、借入の上限が変更になってしまったりすることもあるので理解しておくことが必要です。

 

また、相続人に財産として遺すことができないのもデメリットといえるでしょう。

 

リバースモーゲージは、利用する自治体や金融機関によって、条件などのルールが異なるため、内容・利用条件、メリットとデメリットを把握してから利用すると良いでしょう。

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

> FPへの無料相談はこちら

 

おさらい

  • リバースモーゲージとは「高齢者が自宅を担保にしてお金を借りられる制度」です。
  • 利用する自治体、金融機関によって条件が異なるので、理解した上で利用するようにしましょう。

(最終更新日 : 2018年10月16日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

2がこの記事が役に立ったと評価しました。

執筆者

荒木 千秋

ファイナンシャルプランナー、大阪電気通信大学金融経済学部特任講師

現在は、同大学の講師を中心としながら、お金に関する個別相談や、WEB媒体の執筆、女性向けセミナー等を開催。

メガバンクにて、富裕層や法人オーナーを対象とした投資相談業務に従事した経験により、金融商品の販売側と一般の投資者側の両方の視点に立ったお金の知識を伝えることをモットーにしている。

<お知らせ>