保険

終身保険の選び方のポイントとは?

この記事の早わかり要約

  • 『終身保険』とは、保障が一生涯続く保険のことです。
  • メリットの多い終身保険ですが、定期保険より保険料が高い、満期保険金がないなどのデメリットがあることも覚えておきましょう。
  • ご自身や家族の幸せのためにも、保険に入る目的、状況、支払う金額などをしっかりと考えた上で加入を検討しましょう。

終身保険とは

生命保険には大きく分けて「終身保険」と「定期保険」の2つがあります。定期保険は一定期間のみ保障されるものである一方、終身保険は保障が一生涯続く保険です。

 

解約しない限り生命保険が有効なため、受取人を家族に指定しておけば、いつかは必ず家族が死亡保険金を受け取る仕組みになります。人間の寿命は有限であり、いつ亡くなるか予測をたてることが困難です。そのため、終身保険の加入を検討する必要性は高いのです。

 

終身保険のメリット

目的や状況に応じて加入する保険の種類を考えなくてはなりません。ここでは、終身保険の特徴について見ていきましょう。

 

保障が一生涯続く

終身保険の最大のメリットは「一生涯保障が続く」ことです。そのため、いつかは必ず保険金が支払われることになります。

 

また、解約しない限り契約が続くため、無保険状態になってしまうことを考える必要がなくなります。一定期間以上、保険期間が経過していれば、解約返戻金があるのも魅力です。

 

一定の保険料

終身保険の場合、支払うべき一定の保険料が定められています。支払う保険料が変化しないため、状況に応じて金額が変化する保険に比べ、家計が管理しやすいという面もあります。

 

終身保険のデメリット

保険料が高い

終身保険は、定期保険と比較すると保険料が高いです。家計に余裕がなく、ギリギリの状態で保険料の支払いを続けると、老後に残す資金が少なくなってしまうということも考えられます。

 

短期解約の場合、解約返戻金がほとんどない

基本的に、解約返戻金は契約を続けるほど増えていきます。そのため、長期に渡って契約をしていれば解約しても高い解約返戻金を得られるかもしれませんが、短期の場合、少量の金額しか戻ってこない、もしくは全くないことも考えられます。そのため、流動性に欠けるといえます。

 

終身保険の選び方のポイント

自分が保険に入る目的や状況を理解していないと、自分に合わない保険に入ってしまう恐れがあります。そのため、生命保険は慎重に選ぶ必要があります。

 

まずは将来を見越して、保険に払えるお金がどれくらいあるか、老後に残すお金はどれくらい必要かなどをしっかりと考え、自分の目的や状況に合った保険を見つけましょう。

 

一生涯続く保障を求めていて、気に入った保険内容を見つけたならば、終身保険に入るのもいいかもしれません。保険を上手く活用することは自分を含めた家族の幸せにつながります。慎重な判断をするようにしましょう。

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

> FPへの無料相談はこちら

 

おさらい

  • 『終身保険』とは、保障が一生涯続く保険のことです。
  • メリットの多い終身保険ですが、定期保険より保険料が高い、満期保険金がないなどのデメリットがあることも覚えておきましょう。
  • ご自身や家族の幸せのためにも、保険に入る目的、状況、支払う金額などをしっかりと考えた上で加入を検討しましょう。

(最終更新日 : 2018年10月15日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

0がこの記事が役に立ったと評価しました。

<お知らせ>