保険

ネット保険のメリット・デメリット

この記事の早わかり要約

  • ネット保険のメリットは、保険料が安く、自分のペースで手続きができる点などがあります。
  • デメリットは、商品の種類が限られていて、全て自分で決めなければいけない点などがあります。
  • 手軽で便利なネット保険ですが、加入の前に正しい保険知識を身に付けることが大切です。

ネット保険とは

近年、新しい保険サービスとして、インターネットで加入する「ネット保険」が注目を浴びています。従来、生命保険や損害保険は相談して加入するのが一般的でしたが、ネット保険の台頭により、選択の幅が広がりました。

 

ネット保険のメリット

ネット保険には、これまでの保険サービスにはない様々なメリットが存在します。そのメリットをご紹介します。

 

メリット1:保険料が安い

ネット保険の保険料は従来の保険よりも安いのが魅力であり、人気の理由です。ネットでやりとりを行うため、保険の販売にかかる営業コストが大幅に削減できるからです。

 

また、従来の保険で使用されていたパンフレットや契約書などの書類にかけるコストや、事務作業を行うスタッフのコストを下げることで、保険料の低廉化を実現しました。

 

従来の保険では必要だったものがネット1つで満たされるため、その削減されたコストの分、割安な保険料が実現しているのですね。

 

メリット2:自分のペースで保険選びができる

ネット保険ではインターネット上でやり取りを行うため、自分の好きな時間に申し込みすることが可能です。

 

また、申し込みが完了するまでの手順も手軽で簡単にできるものなので、その日のうちに保険料の見積もり申し込み手続きを済ませることが可能になっています。

 

ネット保険のデメリット

ネット保険にはこれまでにはなかった数多くのメリットがあります。しかしその一方でデメリットも存在するため、慎重な検討が必要です。

 

デメリット1:自分で判断しなくてはならない

ネット保険の場合は相談にのってくれる相手がいません。そのため、自分で加入したい保険を判断しなくてはなりません。

 

自分で保険の知識を身に付け、商品内容を理解する必要があります。手軽に申し込めるというのがネット保険の良いところではありますが、逆に保険に詳しくない人にとっては困難かもしれません。

 

デメリット2:商品の種類が少ない

ネット保険の場合、内容が分かりづらい商品はあまり扱われない場合があります。シンプルな商品が扱われることが多く、選択肢が限られています。

 

そのため、保険に様々な条件を求める人や豊富な選択肢の中から最適なものを検討したい人にとっては、あまり向いていない方法なのかもしれません。

ネット保険は、その安い保険料や申し込みの手軽さから注目を浴びています。しかし、保険の知識を持っていない人だとかえってスムーズな保険選びが困難になる可能性があります。

 

まずは保険を選ぶ前に、正しい保険知識を身に付ける必要があると考えられます。

 

また、保険は一度加入したらそれで終わりというものではありません。ご自身やご家族のライフスタイルの変化や環境の変化により、必要な保障が異なります。

 

医療技術の進化、治療方法の変化に合わせて顧客ニーズも変化するため、それに合わせて保険商品の内容も変わります。その時に必要な保障を備えるためにも、保険は適宜見直すことが大切です。保険の見直しについては、下記記事をご確認ください。

保険の見直しって必要?みんなの保険加入率はどのくらい?

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

> FPへの無料相談はこちら

 

おさらい

  • ネット保険のメリットは、保険料が安く、自分のペースで手続きができる点などがあります。
  • デメリットは、商品の種類が限られていて、全て自分で決めなければいけない点などがあります。
  • 手軽で便利なネット保険ですが、加入の前に正しい保険知識を身に付けることが大切です。

(最終更新日 : 2018年11月13日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

0がこの記事が役に立ったと評価しました。

<お知らせ>