保険 , 結婚

保険は結婚したらどうする?死亡保障と入院保障の考え方

保険は結婚したらどうする?死亡保障と入院保障の考え方

この記事の早わかり要約

  • 結婚時にまず考えたいのは死亡保障と入院保障です。死亡保障は、夫婦2人の場合は葬儀代と奥さまの生活費を、子どもがいる場合は、生活費や子どもの教育費を含めたものを検討すると良いでしょう。
  • 入院保障は、家庭の経済状況や内容を踏まえて選びましょう。
  • 保険は一度入れば終わりではないので、出産など環境が変化したときには見直し、その都度、自分や家族にとって適切な保険なのかを確認すると安心です。

結婚前に考える保険のこと

結婚は人生の中で大きなライフイベントです。マイホームを購入したり子どもが生まれたりと、結婚は次なるライフイベントも秘めています。

 

それだけでなく、守るべきパートナーが増えるということは、責任が増えるということです。万一のときには自分自身や家族を守れるように、結婚のタイミングで保険のことを考えておくと良いでしょう。

 

結婚後になると、予想以上に忙しくなってどうしても保険のことは後回しになってしまいがちです。余裕を持ってしっかりと内容を検討するためにも、結婚は保険を考えるのに最適なタイミングと言えるでしょう。

考えるべき大事な2つのポイント

死亡時の保障

死亡保障で考えるべきポイント

独身時代と結婚をしてからでは保険の選び方も変わってきます。そこで、ここでは特に気をつけたいポイントを2つ紹介します。

 

まず、死亡時の保障です。死亡保険金は残された遺族のためのものですので、独身のときに備える必要性はあまり感じないかもしれませんが、パートナーができたら、万一のことを考えておくことが必要です。

 

考え方にもよりますが、子どもがいないうちは、高額な死亡保障は不要と考える人もいるでしょう。その場合でも、万一に備え、葬儀費用+奥さまの生活費などを考慮してプランを検討するのが良いでしょう。

 

子どもがいる場合は、葬儀費用の他に、生活費や子どもの教育費分も含めて、必要な保障を検討すると良いでしょう。

 

入院時の保障

次に考えるべきポイントは、入院時の保障です。一度入院をすれば、入院時の医療費だけでなく、食事代や退院後の通院にかかるお金なども含めて出費がかさみがちです。

 

また、入院をするとその間仕事を休んだり、場合によっては仕事を辞めなくてはいけなくなり、収入が落ち込むことも考えられます。そんなときに保険に加入していれば、お金の心配が減り、治療に専念できるのはとても安心ですね。

 

入院時の保障は日額5千円、1万円などと選べるので、家庭の状況などを考えて決めると良いでしょう。もし医療費が高額になった場合でも、高額療養費制度という制度を利用すれば負担を軽減することができるので、覚えておきましょう。

高額療養費制度とは?医療費が高額になったらまずチェック

 

余裕があれば将来の備えも

若いうちには、老後の資産のことは身近に考えられないかもしれませんが、保険には資産形成に役立つ商品もあります。

 

公的年金制度もありますが、必要に応じて「自分の将来は自分で」備えをしておくと安心感も高まります。家庭の経済状況を踏まえ、余裕があれば、将来の備えとしての保険を早いうちから検討しておくと良いでしょう。

 

保険は一度加入すれば終わりというものではありません。環境の変化や家族が増えたときなど、定期的に見直し、そのときの家庭の状況に合った保険なのかを随時確認するようにしましょう。

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

 

おさらい

  • 結婚時にまず考えたいのは死亡保障と入院保障です。死亡保障は、夫婦2人の場合は葬儀代と奥さまの生活費を、子どもがいる場合は、生活費や子どもの教育費を含めたものを検討すると良いでしょう。
  • 入院保障は、家庭の経済状況や内容を踏まえて選びましょう。
  • 保険は一度入れば終わりではないので、出産など環境が変化したときには見直し、その都度、自分や家族にとって適切な保険なのかを確認すると安心です。

(最終更新日 : 2019年1月15日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

保険のビュッフェナビの記事を評価してくださり、誠にありがとうございます!
保険の見直し以外にも、家計や貯蓄、資産運用などお金にまつわるご相談を承っております。

[無料] FP相談する