貯蓄 , 退職・老後・年金

個人年金保険のメリット・デメリット

この記事の早わかり要約

  • 個人年金は生命保険の一種です。そのため加入の際は告知などの診査が必要な場合があります。
  • 個人年金は個人年金保険料控除の対象です。
  • 途中解約をすると、解約返戻金が支払保険料を下回る可能性が高いので、加入する際は長期を前提に計画しましょう。

年金は公的なものだけではない

「年金」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。国民年金厚生年金などの公的年金を連想する人が多いのではないかと思います。今回は公的年金ではなく、民間の年金である個人年金保険についてご紹介します。

年金の種類は受け取り方や支払い方によってさまざま!

 

個人年金保険とは?

年金には保険会社が販売しているものもあります。それが個人年金保険です。保険会社に保険料を支払い、ある時期になれば、年金としてお金を受け取れるという仕組みです。ただし、保険であるため告知などの診査が必要な場合が多く、稀に加入できないこともあります。

 

個人年金保険のメリット

個人年金保険は生命保険の一種です。生命保険に加入すると、種類別に3つの控除が受けられます。

 

1つ目は「一般生命保険料控除」といい、死亡保険などに加入した場合の控除です。2つ目は「介護医療保険料控除」で、医療保険や介護保険などの、死亡保障がほとんどない保険に対する控除です。そして3つ目が「個人年金保険料控除」です。

 

個人年金保険料控除」は所得税法により認められた制度です。年末調整や確定申告をすることにより、その年に支払った保険料応じた額が控除されます。

税制適格特約とは?個人年金保険を選ぶ大事なポイント

 

家族構成や年収、支払保険料によって異なりますが、数千円還付される可能性があります(家庭環境によって異なります)。

 

またその他のメリットとしては、資産形成として役立てられることがあげられます。

 

個人年金保険のデメリット

1番のデメリットは途中で解約した場合は解約返戻金が支払保険料を下回る可能性が高いということでしょう。加入時に払込期間を決めるのですが、ほとんどの場合において加入してから短期での解約は、支払った保険料より解約して返ってくるお金(解約返戻金)の方が少なくなります。

 

また、物価は上昇傾向にあるので、将来のインフレリスクへの対応が難しいこともデメリットです。

 

このようなメリットデメリットを踏まえて、加入の検討をするようにしましょう。

 

おさらい

  • 個人年金は生命保険の一種です。そのため加入の際は告知などの診査が必要な場合があります。
  • 個人年金は個人年金保険料控除の対象です。
  • 途中解約をすると、解約返戻金が支払保険料を下回る可能性が高いので、加入する際は長期を前提に計画しましょう。

(最終更新日 : 2018年8月29日)