保険

マイホーム購入時の保険の見直し方法とは?

この記事の早わかり要約

  • 団信とは、契約者に万が一のことがあった場合、住宅ローンを一括返済する生命保険です。
  • 一家の主が亡くなった場合、残された家族には遺族年金が支給されるので、生活費に充当することができます。
  • マイホーム購入の際は、団信、遺族年金で保障される分を考慮し、保険の見直しをすると良いでしょう。

マイホーム購入時には保険を見直した方がいいの?

保険の見直しはライフイベント毎に行うのが良いと言われています。それは結婚や出産などのライフイベントのときには、必要となる保障に変化が生じるからです。ではマイホームを購入した時には、保険をどのように見直せばいいのでしょうか?

 

実はマイホームを購入したときというのは、今までの保険料を節約できる絶好のタイミングなのです。今回はその理由を説明します。

保険の見直しはどのタイミングでくるの?

 

団体信用生命保険とは?

「団体信用生命保険(団信)」という言葉を聞いたことはありますか。

 

民間金融機関では、住宅ローンの借入をするときに、団信の加入を条件としているところが多くあります。つまり、マイホーム購入をするほとんどの人が、この団信に加入していることになります。

 

住宅ローンというのは長期にわたるものですので、返済中に契約者に何が起こるかわかりません。

 

団信は、住宅ローンの返済期間中に、契約者が死亡したり高度障害を負った際に、住宅ローンの残金の部分が金融機関に支払われ、住宅ローンを清算できるという内容の保険です。

 

保険料は金利に含まれている場合がほとんどです。

 

また、団信も生命保険ですので、加入の際には診査があります。健康状態の理由によって団信に加入できない場合、住宅ローンの借入も望みが薄くなってしまいます。

 

しかし、だからと言って団信に加入できないというわけではありません。個人の生命保険で、診査基準を緩和した引受基準緩和型保険があるように、団信にも引受基準緩和型の「ワイド団信」というものがあります。

 

通常の団信に比べ、金利は少し高くなりますが、いざというときのためにこのような方法があると知っておくと安心です。

引受基準緩和型保険ってどんな保険?

 

団信

 

遺族年金を知ろう

国民年金厚生年金などの公的年金に加入している家庭の大黒柱が亡くなった場合、残された家族には「遺族年金」が支給されます。遺族年金には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があります。

遺族年金って何?いくらくらいもらえるの?

 

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、亡くなった人によって生計を維持されていた高校卒業に満たない子ども、またはそのような子どもを持つ配偶者に支給されます。障害年金の障害等級1級または2級該当の場合、対象年齢は20歳未満となります。

 

さらに一定の条件を満たせば、遺族基礎年金に加えて「遺族厚生年金」を受け取ることもできます。

 

遺族厚生年金

亡くなった人によって生計を維持されていた妻や子、孫、55歳以上の夫、父母、祖父母が受給対象となります。また、どちらの遺族年金も、受取手の年収が850万円を超えない場合に支給されます。

 

マイホーム購入時 保険料はここで節約!

保険に加入するときは、一家の大黒柱に万が一のことがあっても、残された家族に十分な保障が残されるように考えることが一般的です。

 

マイホーム購入前に生命保険に加入していた場合、万が一のときの生活費の中に住居費を含めて考えている方もいるでしょう。しかし、団信に加入したことで、住居費を心配する必要がなくなりました。

 

また、遺族年金で生活費の部分をカバーすることもできます。つまり、マイホーム購入後に生命保険を見直すときは、生活費から「遺族年金」と「住居費」を差し引いた金額分の保障を考えれば良いということになります。

 

家計の節約のためにもマイホーム購入のタイミングで、一度保険を見直してみると良いでしょう。また、保険見直し、マイホーム購入の際は、お金のプロ、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談すると安心です。

 

※本記載は、2018年3月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署などにご相談ください。

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

> FPへの無料相談はこちら

 

おさらい

  • 団信とは、契約者に万が一のことがあった場合、住宅ローンを一括返済する生命保険です。
  • 一家の主が亡くなった場合、残された家族には遺族年金が支給されるので、生活費に充当することができます。
  • マイホーム購入の際は、団信、遺族年金で保障される分を考慮し、保険の見直しをすると良いでしょう。

 

 

(最終更新日 : 2018年10月11日)

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

2がこの記事が役に立ったと評価しました。

<お知らせ>