その他

ガスの自由化のメリットとは

この記事の早わかり要約

  • 私たちの家庭で使えるガスは3種類あります。そのうち、今回のガスの自由化で、都市ガスと簡易ガスの小売りが自由になりました。
  • ガスの自由化以降はガス会社がそれぞれ料金を決められるようになりました。ガスを販売する会社が増えることで価格の競争がおき、価格が下がることも期待されています。

2017年4月1日からガスの自由化がスタートしました。私たちの生活にどのような影響があるのでしょうか。今回は、ガスの自由化について見ていきましょう。

 

ガスの自由化とは

毎日の生活の中で当たり前のように存在している「ガス」。身近なガスですが、細かいことまでは気にしていない人も意外と多いのではないでしょうか。

 

私たちの家庭に供給されているガスは3種類あります。

 

まず、ガス管を通じて利用する都市ガス。次に、70戸以上の団地などにガス発生設備をおいて、家庭に届ける簡易ガス。さいごは、LPガスのボンベをつかったLPガス(プロバンガス)です。

 

今回のガスの自由化で、都市ガスと簡易ガスが小売りの全面自由化となりました。それを省略して「ガスの自由化」と呼んでいます。

 

これまで家庭用の都市ガスは、都市ガス会社が供給と販売をしていました。都市ガス会社といえば、大手4社の「東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガス」が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

2017年4月1日以降は、今までの都市ガス会社だけに限らず、それ以外の会社でも都市ガスを供給・販売できるようになりました。そのため、私たちの家庭でもガスを販売している会社を選べるようになったのです。

 

ガスの料金も自由になった!?ガスの自由化のメリットは?

これまで、都市ガスの料金は、ガス会社が自由に決めることができませんでした。実は、ガスの料金を決めるには経済産業大臣の許可が必要だったのです。

 

しかし、ガスの自由化以降はガス会社がそれぞれ料金を決められるようになりました。さらに、ガスを販売する会社が増えることで価格の競争がおき、価格が下がることも期待されています。

 

そのため、今までの都市ガス会社でも新しい料金プランを利用できたり、新しいサービスが利用できたりと私たちの家庭にもメリットがあるプランも期待できます。

 

たくさんガスを使うとお得になるプランや、電気とガスをセットにするとお得になるプランなどが出てきています。

 

皆さまのご家庭でも、固定費であるガス代を見直してみてはいかがでしょうか。

 

頼りになるFPの存在

「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか?

 

資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。

 

ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

 

 

おさらい

  • 私たちの家庭で使えるガスは3種類あります。そのうち、今回のガスの自由化で、都市ガスと簡易ガスの小売りが自由になりました。
  • ガスの自由化以降はガス会社がそれぞれ料金を決められるようになりました。ガスを販売する会社が増えることで価格の競争がおき、価格が下がることも期待されています。

(最終更新日 : 2019年3月25日)

執筆者

荒木 千秋

ファイナンシャルプランナー、大阪電気通信大学金融経済学部特任講師

現在は、同大学の講師を中心としながら、お金に関する個別相談や、WEB媒体の執筆、女性向けセミナー等を開催。

メガバンクにて、富裕層や法人オーナーを対象とした投資相談業務に従事した経験により、金融商品の販売側と一般の投資者側の両方の視点に立ったお金の知識を伝えることをモットーにしている。

> お近くの保険のビュッフェFPを探す

この記事は役に立ちましたか?

  • はい
  • いいえ

保険のビュッフェナビの記事を評価してくださり、誠にありがとうございます!
保険の見直し以外にも、家計や貯蓄、資産運用などお金にまつわるご相談を承っております。

[無料] FP相談する