その他

消費税引き上げ!保険を見直して家計をスリムに

この記事の早わかり要約

  • 消費税率が8%に上がることで、年収500万円の4人家族で、およそ年間5万5,000円負担が増えます。
  • 家計の中で大きな割合を占めるのは、住居費などの固定費。その中でも特に大きな見直し効果が期待できるものとして保険料があります。
  • 保険は一度加入するとそのままになりがちですから、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

 

保険ドタバタ劇場4

消費税増税!保険を見直して家計をスリムに

 

プロが教える、賢い家計の見直し法とは?

消費税が8%にアップ!収入がなかなか増えない今、家計への負担感は大きくなりそうです。「消費税率が8%に上がることで、年収500万円の4人家族で、およそ年間5万5,000円負担が増えると予想されます」とファイナンシャルプランナー (FP)の丸山先生。

 

それに備えるために、少しでも見直ししようと「電気はこまめに消す」「食費を削る」ことをしても、数百円、数千円単位のものになりがち。では、どこを見直したらいいのでしょうか?

 

「家計の中で大きな割合を占めるのは、住居費などの固定費。その中でも特に大きな見直し効果が期待できるのが保険料です。保険は一度加入するとそのままになりがちですから、この機会に見直してみては」(丸山先生)。

 

丸山昭仁先生について

丸山昭仁FP(ファイナンシャルプランナー) 1974年生まれ。埼玉県出身。外資系金融機関を経て、FPに転身。

 

保険相談の他、マネーセミナーの講師としても活躍する経験16年のエキスパート。豊富な例と、ユーモアを交えたわかりやすい説明が好評。

 

 

丸山先生より
「保険はほぼ同じ保障内容でも、会社によって保険料が大きく違うケースがあります。また、「タバコを吸わない」などの条件をクリアすることで、保険料が抑えられるケースも。一般的に、保険は一生涯で1,000万円以上払うこともある、大きな買い物です。保障内容は変えずに保険料を抑えたいなど、何でも気軽に相談してくださいね」

 

※本記載は、2014年4月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署などにご相談ください。

 

 

(最終更新日 : 2018年9月13日)