貯蓄 , 退職・老後・年金

老後のお金の準備をしよう!

この記事の早わかり要約

  • 夫婦2人の場合、老後の最低日常生活費は月額22万3,000円、ゆとりある老後生活費は月額36万6,000円が必要です。
  • 老後を65〜85歳とすると最低日常生活は、約5,280万円。ゆとりある生活なら、約8,640万円が必要になります。
  • 自分の望む生活レベルに合わせ、老後の備えをしておくと安心です。

保険ドタバタ劇場2

 知ってた?老後までに準備しておきたい貯蓄額

 

 

プロがアドバイス  老後資金の準備の仕方

「夫婦2人の場合、老後の最低日常生活費は月額22万3,000円、ゆとりある老後生活費は月額36万6,000円必要と言われます」とファイナンシャルプランナー(FP) の瀬島先生。

参考:生命保険文化センター 平成22年度「生活保障に関する調査」

 

「老後を65〜85歳とすると最低日常生活は、約5,280万円(22万円×12ヶ月×20年)。ゆとりある生活なら、約8,640万円(36万円×12ヶ月×20年)が必要になってきます。

 

自分の望む生活レベルにもよりますが、公的年金でもらえる金額も踏まえつつ、老後の備えは早めに手を打っておくと安心と言えますね」 (瀬島先生) 。

 

瀬島佑介先生について

瀬島佑介氏 1978年生まれ。神奈川県横浜市出身。大学卒業後、広告代理店や外資系金融機関を経て、FPに転身。

 

保険相談の他、マネーセミナーの講師としても活躍するこの道約10年のプロフェッショナル。甘いマスクと、ユーモアを交えたわかりやすい説明が好評。

 

 

瀬島先生より
「老後の備えの方法として、定期預金や資産形成機能を持つ保険、各種資産運用・株・投資信託など、様々な手段があります。それぞれメリット・デメリットがあるのでご家庭の状況や考え方に合った、もっともムリのない備え方を検討してください。もちろんご相談いただければ、親身にアドバイスさせていただきます」

 

(最終更新日 : 2018年9月13日)