保険

誕生日を「保険を見直す」きっかけに

この記事の早わかり要約

  • 通常、生命保険は年齢が高いほど、保険料が上がります。
  • 保険選びは真剣に考えると、2ヶ月くらいかかる場合があるので余裕を持って検討しましょう。
  • スピーディにナットクのいく保険を選ぶなら、FPへの相談をオススメします。

保険を見直すなら、誕生日の前に

年齢が上がると保険料が上がる理由

病気や死亡のリスクが高まるから

通常、ヒトは加齢とともに、病気になる確率が高まり、寿命に近づきます。当然、保険会社が給付金や保険金を支払う可能性も高まるため、同じ保障内容でも年齢が高いと保険料が高くなります。

 

参考までに、ある保険の保険料の推移を年齢別にグラフ化してみました。

ある保険の保険料の推移を年齢別にグラフ化
同じ保障内容でも、20歳に入るのと60歳で入るのでは、保険料は3倍も変わります。

1歳当たりの月当たりの保険料は、数十円~数百円の差だとしても、年間にすれば、それなりの差。ましてや10歳違ったり、複数の生命保険に入れば、月当たり数千円の差にもなってきます。

 

もちろん、保険に加入している間に病気になったり、亡くなったりしなければ、保険料を払い続けるだけになります。早く入るか遅く入るか、どちらがいいのかは一概に言えない部分もあります。

 

しかし、年齢を重ね、いざ保険に入ろうと思っても、その時の健康状態によっては、加入を断られる場合があることを考えておく必要があります。確実に必要だと思う備えがある場合は、保険料の安い、若く健康な内に入っておくと安心だと言えます。

 

誕生日をきっかけに

そもそも保険は、真剣に考えると以下のようなステップを踏むのが一般的ではないでしょうか。

保険加入の流れ普段はなかなか自分の保険について考える機会がないかもしれませんが、年齢によって保険料は変わります。誕生日をひとつのきっかけとして、保険を見直してみるのもいいでしょう。

 

また、複数の商品を検討していると、加入までに2ヶ月程かかる場合もありますので、余裕を持って検討しましょう。

 

そこで頼りになるのが、保険の専門家・FP

「これだけのステップを一人でやるのは、なかなか大変!」という方は、保険の専門家・ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するのも、ひとつの選択肢です。

 

全国対応で、ご希望の日時・場所までうかがいます!

FP(ファイナンシャルプランナー)がお客さま先へ訪問
FPが、ご自宅やお近くのカフェまでおうかがいいたします。育児や家事に忙しいママには特にご好評いただいています。

保険相談対応エリア 

 

保険診断から、商品提案、契約、保険金請求まで、全部お任せ!

今の保険がご自身に合っているのか?の診断から、ご契約はもちろん、契約後の解約や保険金請求などの手続きまで担当FPが対応します。

 保険のビュッフェって、なに?

 

一人のFPが各社の保険商品をナットクいくまでご説明!

一人のFPが各社の保険商品の特徴をご案内。お客さま本位の立場でメリットもデメリットもお伝えするので、よりご自身に合った保険が選べます。

ファイナンシャルプランナーって何する人? 

 

※なお、保険会社や商品によって、各年齢時の保険料の計算方法は、2種類あるのでご注意ください。

  • 満年齢:その時点の年齢のこと
  • 保険年齢:誕生日の前後6ヶ月をその年齢とすること

 

たとえば、誕生日が10月25日の36歳の方を満年齢と保険年齢で数えると、下記の通り、36歳とみなされるタイミングが変わります。

満年齢と保険年齢
保険年齢で数えると、35歳6ヶ月(4月25日)を過ぎた方は36歳とみなされます。

 

状況が変われば必要な保険も変わります。今の自分の状況に合った保険なのか、定期的に見直すようにすると安心です。

 

おさらい

  • 通常、生命保険は年齢が高いほど、保険料が上がります。
  • 保険選びは真剣に考えると、2ヶ月くらいかかる場合があるので余裕を持って検討しましょう。
  • スピーディにナットクのいく保険を選ぶなら、FPへの相談をオススメします。

(最終更新日 : 2018年9月13日)