保険 , 病気・ケガ

三大疾病保険とは?必要性を考える

この記事の早わかり要約

  • 三大疾病とは、がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中の病気のことを指します。
  • 重度の三大疾病にかかった場合、仕事に支障をきたすケースがあります。仕事ができなくなれば、収入は減少し高額な治療費が必要になる場合もあります。
  • 三大疾病は死因のトップ3を占める恐ろしい病気ですから、不安な場合は「支払い条件をよく確認」して納得の上で加入検討しましょう。

三大疾病って? 

死因ランキング

三大疾病とは、がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中の病気のことを指します。

 

がんは若くて健康な人でも発症する可能性があり予防が難しいとされていますが、心筋梗塞や脳卒中は普段の生活習慣に起因するケースが多いです。

 

たとえば、普段から大量飲酒をする人、ヘビースモーカーの人、ストレスを抱え込みやすい人、運動不足や肥満の人は比較的危険因子を多く持ち合わせているといわれています。

 

しかも本当に怖いのが、これらの病気は自覚症状がなく、長い年月をかけて病状が現れる点です。そんな万一のときに備える保険が存在します。それが三大疾病保障保険です。

 

三大疾病保障保険とは 

三大疾病保障保険とは、先ほどの三大疾病と診断された場合に保険金や給付金の支払いを受けるための保険です。

 

なぜこのような保険商品があるのかというと、重度の三大疾病にかかった場合、仕事に支障をきたすケースがあるからです。当然仕事ができなくなれば、収入は減少し高額な治療費が必要になる場合があります。

 

参考までに、胃がんに罹った場合医療費の総額は約121万円(全日本病院協会調べ)、脳卒中は在院期間で合計約200万円(厚生労働省調べ)の高額な治療費を負担しなくてはいけなくなるのです。

 

ただし日本には、1ヶ月に支払った医療費の自己負担限度額を上回った場合、お金を払い戻してもらえる高額療養費制度がありますので、その条件も合わせて確認しておきましょう。

高額療養費制度とは?医療費が高額になったらまずチェック

 

本当に必要なのか?

三大疾病の紹介をしてきましたが、三大疾病保障保険に加入する際の保険金・給付金支払い条件を、まずは正しく理解しましょう。支払い条件は各保険会社ごとに異なりますが、次のような規定が設けられている場合が多いようです。

 

がん

責任開始日以降、悪性新生物と診断されたとき。

 

急性心筋梗塞

急性心筋梗塞と診断確定されてから60日以上、労働の制限を必要とする状態が続いたとき。

 

脳卒中

脳卒中と診断確定されてから60日以上、言語障害・運動失調・麻痺など他覚的な神経学的後遺症が継続し、労働の制限を必要とする状態が続いたとき。

 

このように三大疾病保障保険には、所定の状態になることが支払条件となりますが、前述した通り条件は商品によって異なりますのでしっかりと確認しておきましょう。たとえば、がんについては上皮内新生物では保障対象とならない保険も存在します。

 

心筋梗塞や脳卒中に60日とありますが、平均的に見て60日以上入院する可能性がどの程度あるか?を考慮する必要があります。

 

三大疾病のなかでも、急性心筋梗塞と脳卒中のリスクが少ないと考えるならば、いざというときに備えてがん保険を手厚くするという手もあります。

 

しかしいずれにせよ、三大疾病は死因のトップ3を占める恐ろしい病気ですから、不安な場合は「支払い条件をよく確認」して納得の上で加入検討するようにしましょう。

 

おさらい

  • 三大疾病とは、がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中の病気のことを指します。
  • 重度の三大疾病にかかった場合、仕事に支障をきたすケースがあります。仕事ができなくなれば、収入は減少し高額な治療費が必要になる場合もあります。
  • 三大疾病は死因のトップ3を占める恐ろしい病気ですから、不安な場合は「支払い条件をよく確認」して納得の上で加入検討しましょう。

(最終更新日 : 2018年8月29日)