【FPの仕事観を聞いてみた】片山宏行FPインタビュー

片山宏行 (かたやま・ひろゆき) FP

1978年東京都出まれ。ブライダル業界での勤務を経て、大手外資系生命保険会社の営業職に転職。その後FPに転身。父親を病気で亡くした経験から、「将来に備える」大切さを多くの人に伝え、一人ひとりの事情に寄り添う提案を行うことを使命として活動。(社)生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会会員であり、子育てマネーアドバイザーの資格を持つ。趣味はサウナ。

お客さまの将来について提案できる可能性を感じた

■片山FPがファイナンシャルプランナー(FP)になろうと思ったのは、なぜですか?
 

一言で申し上げると、可能性を感じたからです。その可能性とは、お客さまのお話をじっくり聞いて、保険に限らずお金まで含めた「お客さまの将来」についての提案ができるのではないか、というものです。

 

私は父を病気で亡くしておりますので、そのような経験からも、たくさんの方に保険の大切さを伝えたいと思ったのです。

 
 
■それでは、そもそも保険業界に入った経緯を教えていただけますか。
 

はい。私の父はがんで2年半ほど入退院をくり返し、亡くなりました。当時がん保険に入っていなかったため、私たち家族は治療費など金銭面でとても苦労したのです。そのとき、保険の大切さを痛感しました。保険は、本人はもちろん、家族の生活も守ってくれる存在なのだと。

 

この経験をたくさんの方に伝え、ご自身、そしてご家族を守る備えをしてもらおう。そう考えて、私は保険業界に転職したのです。

 

また、私がFPになったのにはもう一つ理由があります。それは、持病を抱え、保険に入れずに悩んでいる方の力になりたいというものです。実は私自身にも持病があるため、入れる保険が限られているのですが、同じ理由で保険に入ることを諦めてしまっている方は大勢いらっしゃるのです。

 

しかし、持病があっても入れる保険はあります。それに次々に新しい保険商品が出ていますので、選択肢は広がっています。

一般の方が最新の保険のことをご存じないのは当然のことです。だからこそ、最適な提案をするプロがいるのです。実際に私の提案が、持病で悩むお客さまのお役に立ったケースはいくつかあります。

 

父のがんのこと、私の持病のこと。どちらもお客さまにじっくり向き合い、関係を築いた上で、初めて説得力を持って伝わる内容です。また、私自身の話をお伝えすると、お客さまも保険に限らずさまざまな相談をしてくださいます。

 

FPという仕事は、そんな関係性の中で、お客さまの将来を一緒に考えることができるのです。FPになると決めた当初感じていた可能性は、今、現実のものになっています。

FPという生身の人間が介在することの大切さ

■お客さまと関わり合う中で芽生えた問題意識はありますか?
 

問題というか、FPという生身の人間が介在する大切さを日々感じています。

 

ある共働きのご夫婦から、保険の見直しのご相談を受けたときのこと。お二人は5年前にインターネットで、がん保険と医療保険に入ったそうです。保険を見直そうと思ったのは、「子どもは作らない、だから二人の老後に備えて貯金をしたい」という理由からでした。私はすぐに保険の見直しはせず、まず現状の家計の見直しから始めました。

 

すると食費が突出して多いことがわかったのです。お二人ともワインが大好きで、高価なワインも時々購入しているとのことでした。初めて数字として支出を見たお二人は、もう少し食費を抑えようと決意。月々のお金の流れに余裕を持たせる計画を立てました。

 

そして保険です。がん保険は当時のお二人にとってピッタリな保障内容だったので、そのまま継続することに。でも医療保険は見直す余地がありました。

 

よくよくお話をうかがうと、インターネットから入ったその医療保険は固定のプランのため、オプションの変更に対応してくれなかったそうです。

 

そこで私は、現時点でお二人が必要ないと感じている保障を外し、入院費のように必要なものを組み込んだプランを提案しました。それでも全体の保険料は変わらなかったので、老後に備えた貯金ができる余裕が生まれたのです。

 

インターネットからの加入自体は否定しません。でも、お客さまの将来設計は時間とともに変化します。生身のFPだからこそ、その変化に対応し、家計から保険まで一緒に整理して、将来の備えのお手伝いができると考えています。

論理を唱えるよりも、お客さまに寄り添うFPになりたい

■FPとして心がけていることはありますか?
 

私はお金についてロジカルに語る「先生」になるよりも、お客さまのお話をじっくりうかがい、その事情に寄り添うFPでありたいと思っています。結果的にお客さまが「やっぱり保険はいらない」という結論を出されたとしても、その姿勢を変えるつもりはありません。

 

この仕事は、契約をお預かりしてからが重要です。お客さまと長いお付き合いを続けていくためにも、同じ目線に立ち、何でも相談できる関係を作っていきたいですね。

編集後記

サウナが大好きという片山FP。「ブライダル業界で働いていた頃、先輩に誘われて行ったところ、ハマってしまいました(笑)」とのこと。入浴後は“びんの牛乳”を一気飲み。全身が浄化されたような気分になるそうです。オススメは埼玉・入間の天然温泉。宮沢湖を一望しながらランチビュッフェを食べることができるんだとか。自分の体をちゃんと労わる片山FPだからこそ、お客さまに寄り添う提案ができるのでは、と感じました。

とても真面目な片山FP。お客さまのことを語る瞳は真剣そのものでした。

(2016年3月7日)

  • 保障と貯蓄をWカバー
  • 相談実績18万件以上
  • 満足度93%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

相談実績18万世帯以上

※2012年~2017年実績

一緒によく見られているページ

よくあるご質問(Q&A)ランキング

1相談したら、保険に加入しないといけないの?

ナットクしないのに、保険に加入する必要はありません。

生命保険は、一生払い続けたら、数百万円から数千万円にもおよぶ高い出費。 じっくり検討の上、ナットクしてから入るものです。
ファイナンシャルプランナー(FP)たちも、その点は十分承知しておりますので、分からないことは、遠慮なく質問してください。
最終的に必要を感じなければ、その旨、ハッキリお伝えいただいて構いません。

  • 保障と貯蓄をWカバー
  • 相談実績18万件以上
  • 満足度93%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

2保険相談にデメリットはないの?

対面スタイルなので、人によっては、抵抗あるサービスかもしれません。

確かに、電話やメールで済ませたいという方にとっては、少々、わずらわしいと思われるかもしれません。 あえて言えば、この点がデメリットです。

しかし、効果的なアドバイスのためには、どうしても各世帯の状況(家族構成のほか、今後のライフプラン、家計のことなど)を詳しく把握する必要があります。

また、最終的に生命保険に加入する場合、必ずファイナンシャルプランナー(FP)がおうかがいして対応することになるので、全体の円滑な進行を目指すと、対面スタイルがお互いにとって、最もメリットがあると考えています。

お客さまの貴重なお時間を頂戴することになりますが、これは本当にナットクいただける保険を提案したいという気持ちの表れ。 その点をご理解いただけるとありがたく思います。

  • 保障と貯蓄をWカバー
  • 相談実績18万件以上
  • 満足度93%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

3保険相談は、生命保険会社や保険ショップと何が違うの?

相談を担当する者、取扱える保険会社数、相談場所などに違いがあります。

参考までに下記に比較表をつくりました。それぞれの特徴を参考にご自身に合った相談相手をお選びください。

保険相談のサービス比較表



取扱保険会社一覧

生命保険

  • ライフネット生命

  • オリックス生命

  • 三井住友海上あいおい生命

  • メットライフ生命

  • メディケア生命

  • マスミューチュアル生命

  • アフラック

  • アクサ生命

  • 富士生命

  • ジブラルタ生命

  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

  • マニュライフ生命

  • 東京海上日動あんしん生命

損害保険

  • AIG損害保険

  • 三井住友海上火災

  • ソニー損保

  • 損害保険ジャパン日本興亜

  • セコム損害保険

  • チャブ損害保険

  • あいおいニッセイ同和損保

  • 東京海上日動火災保険

  • 保障と貯蓄をWカバー
  • 相談実績18万件以上
  • 満足度93%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

4ホントに保険相談は無料なの?

何回相談しても、保険相談は無料です。ナットクいくまで、ご相談に乗ります。

一般的には、3回前後(各1~2時間)ご相談される方が多いですが、いずれも相談に関するお客さまの料金負担はいっさいありません。

また、ファイナンシャルプランナー(FP)の交通費、ご相談場所が喫茶店やファミリーレストランの場合のFP分の飲食代もお支払不要ですので(お客さま分は各自でお支払をお願いしております)ご安心ください。

生命保険は、お客さまの人生設計を元に選ぶ商品。 すぐに加入を決められるものではないということは、私たちも理解しています。

ぜひ、ナットクいくまで、相談してください。

※ ただし、お申し込みは一世帯一回限りとなります。

  • 保障と貯蓄をWカバー
  • 相談実績18万件以上
  • 満足度93%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

5保険相談は、どこでやるの?

ご自宅・お近くのレストランやカフェ、直営店舗・ヤマダ電機など、お客さまご指定の場所までFPがおうかがいいたします。

その他勤務先など、お客さまのご都合に合わせて相談場所をお選びいただきますので、事前にお申し出ください。

> 保険のビュッフェ 対応エリア
> 保険のビュッフェ 直営相談スペース

相談にあたっては、現状を確認するために、プライバシーに関わるお話(家族構成のほか、今後のライフプラン、家計のこと)もヒアリングさせていただきます。

周囲に不特定多数の方がいらっしゃいますと、なかなか話しづらい内容かと思いますので、じっくり落ち着いてお話しできる場所をオススメしています。

実際に今までご利用いただいたお客さまの中には、「周りを気にせず相談できる」という理由から、ご自宅でのご相談を選ばれるケースが多いです。

  • 保障と貯蓄をWカバー
  • 相談実績18万件以上
  • 満足度93%(弊社お客さまアンケート)
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム

0120-800-857
電話受付時間 / 平日9:00~18:00 (通話無料)

もっと見る