保険のビュッフェ×フィナンシャル・エージェンシー業務提携

2018年12月10日


 

リアル(対面型)とデジタル(IT型)の融合による顧客体験の向上をめざす

保険のビュッフェを運営する株式会社FPパートナーは、株式会社フィナンシャル・エージェンシー(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:齋藤正秀、以下「FA社」)と業務提携をいたしました。
2018年10月より先行開始していた両社の取り組みですが、遂に12月より本格始動となりました。得意分野の異なる保険代理店が提携することにより、顧客サービスの大幅な拡充・顧客体験向上及び、両社の企業価値の最大化を図ってまいります。
 
 
【業務提携の背景及び概要】
 
この度の業務提携における最大の目的は、全国のお客さまに、万全のアフターフォロー体制を整えた保険相談サービスと安心できる保障を提供することにあります。
 
年々多様化するライフスタイルに合わせ、その時々にベストな保障を備えていただくためには、相談しやすい仕組みづくりと専門知識を有したプロによるアドバイスが必要不可欠と考えます。
 
これまで、FPパートナーでは対面型保険相談の全国展開を、FA社ではデジタル技術を駆使したITシステム&サービスを用いた保険選びのサポートに注力してまいりました。双方の強みを組み合わせることで、FA社が保有する全国の約1,400万人のお客さまに、より満足度の高いサービスをお届けできるものと期待しております。また、両社の企業価値の向上と収益拡大にも積極的に取り組んでまいります。
 
 
【業務提携内容】
 
FA社が保有する顧客ターゲティングデータベースを両社で連携し、顧客ニーズに即したサービスの提供、きめ細やかなアフターフォローをいたします。それを実現するために、FA社は創業以来200万人を超えるお客さまのコンサルティングにおいて培ったノウハウを活用し、顧客ニーズの緻密な分析を行ってまいりました。
 
分析結果に基づき、経験豊富な保険のビュッフェのファイナンシャルプランナー(FP)が保険相談を承ることにより、精度の高いサービスをお届けいたします。
 
なお、保険のビュッフェのFPは、全国に1,000名以上(2018年6月末時点)が所属しており、お客さまのご希望の場所におうかがいし、迅速かつ柔軟な対応をいたします。
 
保険契約をされたお客さまには、FA社が提供するアフターフォローサービス「よつば」によって、より一層の安心と顧客満足度の向上を図ってまいります。
 
 
【フィナンシャル・エージェンシーとは】
 
フィナンシャル・エージェンシーとは、「Insurance Technology」を標榜し、「AI」「RPA」「IoT」がキーワードの最新のデジタル技術を駆使した数々の業界初のITシステム&サービスによって保険業界のデジタル化を行うフィンテック=インシュアテック企業です。
 
スマートフォンアプリやWEBサービス等の会員属性に応じたオンラインギフト保険提供による顧客データベース構築、電話・SMS・Email・LINE等のマルチコミュニケーションによる動画プロモーションを実現した「U-Link」、ユーザー情報から最適な保険商品の見積を生成するAIシステム「保デジPRO」、保険証券デジタル保管や契約・請求内容の家族共有と保険金請求の訪問サポートを行う「よつば」による「保険流通BPO」業務処理・品質管理の「RPA+AI」による自動化を実現する「業務ソリューション」、国家プロジェクトと連携した医療ビックデータによるパーソナライズド保険の開発、医療機関とのブロックチェーンによる保険金請求・支払いプラットフォームの構築を進める「保険IoT」の3事業によって、企業ミッションである「安心できる社会保障の提供」を国内のみならず、インド・タイといったアジア圏を中心にグローバル展開しています。
 
 
【「よつば」とは】
 
保険業界は保険金不払い・未払い問題以降、保険金を漏れなくお客さまより請求をいただき、正しく給付していくことに業界全体で取り組んでおります。
そのような背景の下、保険証券の紛失トラブル対応、保険契約内容の家族共有、保険金給付の訪問サポートを行うことができるFA社が提供する独自サービスです。
 
 

保険の加入や見直し、FP相談のベストなタイミング

公式運営メディア