19b43be75e914bab65de7fc867cda202_m
チャレンジ , ワーキングマザー , 話題のニュース

怒りの感情と仲良くなる♪アンガ―マネジメントについて

「ムカムカ!!」(こんにゃろー)

ばっしー

writter ばっしー 2016/12/22

19b43be75e914bab65de7fc867cda202_m

 

今朝満員電車の中のこと。

ギターを背負った若者が乗車してきて、目の前でくるっとターンした瞬間!

背中のギターが私の顔面に直撃しました・・・。
「ぐわわわぁぁん」って頭の中を擬音でいっぱいにしちゃうほどの衝撃でした。

そのときの感情は「ごらぁぁぁ!!」ではなく
「きっとこのギターは自分で買ったものじゃないんだな・・」だったです。

「ムカムカ!!」(こんにゃろー)

私ならおこずかい貯めてやっと手にした宝物は、満員電車で背中に背負ったりできないですもん。

 

そんなことから、最近私の友達たちがこぞって学んでるアンガ―マネジメントについて書きたいと思います。

 

そもそも怒りってなんでしょうか。

 

ウィキペディアによると
「怒り」・・・人間の原初的な感情のひとつで、様々な要因・理由で起きるもので、
例えば目的を達成できない時、身体を傷つけられた時、侮辱された時などに起きるものである。
となっています。

 

では、自分自身が怒るときはどんな時なんだろうか考えました。
もちろん怒りには大小ありますが、それが大きければ大きいほど
自分は怒りを通り越してあきらめてしまうところがあるようです。

脳内からその事実を無理やり消すってやつですね・・。

幸い物覚えが悪いので、嫌な事実を消すことはできるんですが
たまに眠れない夜中などにふっと思い出してしまうってことは、

根本的な解決がなされていないわけで、良くない解決方法のようです。

では、「アンガ―マネジメント」とはどういうものなのでしょうか。
1970年代にアメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)をマネジメント(上手に付き合う)ための心理教育だそうです。(日本アンガ―マネジメント協会HPより)

 

一言で言うと自分の怒りのクセを知り上手に怒るというものです。
自分自身の怒りの根本を理解し、コントロールしたり、癒したり、ポジティブなものへ変換させたりして、怒りの感情とうまく付き合い、良い方向に進むことが出来るようになれば素敵ですよね。
私のように一時的に問題を回避してしまうと、次第に感情を出せなくなってしまうんですって。(やばいー)
感情を封印するのではなく、怒りの原因を理解して上手に自分の感情と付き合っていけたらいいなと。

 

今朝の件で言えば、私はモノを大切にしないことが悲しかったんですね。

 

自分は守るべきものを大切にできる自分でいたいと思う朝なのでした。