保険

加入するなら20代がおすすめ?女性保険に入るべきタイミングとは

この記事の早わかり要約

  • 近年では、若い世代でがんを発症する女性が増えてきており、万が一に備え、健康なうちに女性保険を検討しておく必要性が高まっています。
  • 女性のがんで一番罹患率の高い乳がんは、30代以降に患者数が急増するので、20代は女性保険を検討するのに適していると言えるでしょう。
  • 女性保険と言っても保険会社、商品によって、病気の対象や保障内容が異なるので、それぞれの特徴を把握した上で選ぶようにしましょう。

女性保険って必要?

女性の社会進出により、初婚年齢や初産年齢が昔とは大きく変わり、また生涯独身女性の数も増えてきました。

 

一方で、乳がんや子宮がんなど女性特有の病気を発症する女性の数も増えてきています。近年では20代、30代などの比較的若い女性が乳がんなどを発症するケースも見られます。

 

女性の生き方が変わってきている中、皆さんも他人ごとには思えないことかと思います。万が一の時のために、自分自身や家族を守れるよう女性保険の加入を一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

女性保険に入るべきタイミングとは?

保険は一度大きな病気にかかってからでは加入できない場合があります。つまり保険を検討する場合、健康なタイミングで加入しておく必要があるのです。

 

女性のがんで一番多いのが乳がんです。国立がん研究センター がん対策情報センター「がん情報サービス」によると、乳がんは30代から患者数が大幅に急増することがわかります。

 

これらを考慮すると、20代は自分の女性保険についてしっかり考えたいタイミングと言えるでしょう。

保険に入る前に必ず知っておきたい告知義務と告知義務違反について

 

20代で女性保険に加入するメリットとは?

保険料は加入年齢によって金額が変わります。基本的には加入時期の年齢が上がるにつれて、保険料は高くなります。

 

加入する年齢にもよりますが、20代で保険に加入した方が、30代以降に加入するよりも保障期間が長いにも関わらず、払込合計金額が安くすむ場合があります。

 

他人ごとではない、女性特有の病気

ここでは多くの女性保険がカバーしている、「女性特有の病気」について詳しく説明しましょう。

 

女性特有の病気とは、女性しかかからない病気だけではなく、女性に多い病気も含みます。子宮、乳房に関わる病気から関節リウマチや甲状腺障害、膀胱炎に至るまで幅広く保障されています。

 

女性特有の病気の中でも患者数が多いのが乳がん・子宮がん・子宮筋腫・卵巣機能障害です。

 

2015年4月に国立がん研究センターが発表した「2015年のがん罹患数、死亡数予測」によると、がん罹患数は乳がんは女性のがんの中で1位。子宮がんは5位でした。やはり他人ごととは思えないですよね。

 

また、病気は何と言っても早期発見が大切。女性保険に入っていれば万が一のときの治療費などの心配事が軽減され、安心して病院に行けるかもしれません。早めの検討をしておきましょう。

 

女性保険の賢い選び方とは?

では一体、女性保険はどのように選べばいいのでしょうか。ここでは、4つのポイントから説明します。

 

定期型か終身型かを選ぶ

女性保険とは、医療保険と女性疾病特約がセットになった保険商品です。つまり基本は医療保険と同じで定期型・終身型に分かれます。

 

これは保障が一生続くかどうかの違いです。通常の医療保険同様、共にメリット・デメリットがあるのでよく考えて選びましょう。

医療保険も様々!医療保険の種類と特徴

 

女性特有の病気の保障対象を比較する

女性保険と一口に言っても、保険会社によって女性特有の病気の定義が異なります。保障対象となる疾病をよく比較しましょう。

 

入院時の保障内容を選ぶ

入院(手術)給付金や、入院の入院限度日数なども商品によって異なります。いざ病気になったときのことを踏まえて選ぶ必要があります。

 

お祝い金の条件を比較する

女性保険の中には一定条件を満たせば、支払った保険料の一部がお祝い金(ボーナス)として返ってくる商品があります。お祝い金の有無、条件を比べましょう。

 

条件に満たない場合は1円も戻ってこない可能性もありますし、お祝い金があるタイプでも結局は支払う保険料が高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

このように、女性保険を選ぶポイントは複数あるので、何を重視するかをしっかりと考えましょう。

 

20代の女性が女性保険の加入を考えるには早すぎると思えるかもしれませんが、20代で人生設計がある程度決まっていたとしてもその通りに物事が進むかは誰にも分かりません。

 

だからこそ20代から保険を検討しておく必要があるのです。皆さんも一度女性保険についてしっかりと考えてみてはいかがでしょうか。

女性保険とは何?どういった特徴があるの?

 

おさらい

  • 近年では、若い世代でがんを発症する女性が増えてきており、万が一に備え、健康なうちに女性保険を検討しておく必要性が高まっています。
  • 女性のがんで一番罹患率の高い乳がんは、30代以降に患者数が急増するので、20代は女性保険を検討するのに適していると言えるでしょう。
  • 女性保険と言っても保険会社、商品によって、病気の対象や保障内容が異なるので、それぞれの特徴を把握した上で選ぶようにしましょう。

 

 

(最終更新日 : 2017年11月22日)