貯蓄 , 保険

外貨建て保険に向いている人は〇〇な人!?外貨建て保険の特徴とは?

この記事の早わかり要約

  • 低金利の影響で貯蓄型の円建て保険の魅力が薄くなっています。その一方で、注目を集めているのが外貨建て保険です。
  • 外貨建て保険のメリットは、外貨建てベースの高い利回りです。デメリットは、為替の影響を受けるため保険料や死亡保険金などの日本円で受け取る金額が決まっていないことです。
  • 外貨建て保険に向いている人は、貯蓄や保険で運用を考えている人です。

外貨建て保険って?メリットは?

長年続く低金利の影響で、円建て保険の魅力が薄くなっています。その一方で、注目を集めているのが外貨建て保険です。

 

これまで円でしか資産を持っていなかった人は、「外貨」と聞くと抵抗を感じるかもしれませんが、外貨建て保険には円建て保険にはない特徴があります。

 

外貨建て保険は「外国の通貨に両替したお金で保険に入ること」だとイメージしてみてください。日本円を米ドルや豪ドルなどの外国の通貨に両替して、そのお金を保険料として支払っていきます。

 

外国の通貨で保険料を支払っているので、死亡保険金も解約したときの解約返戻金も支払った国の通貨で決定します。そのまま、外国の通貨として持っておくことも、両替して日本円に戻すこともできます。

 

両替した国の通貨の値動きによって受け取る金額が変わってくるのが特徴です。保険の種類は、終身保険個人年金保険養老保険などがあります。

 

外貨建て保険のメリットは、外貨建てベースの高い利回りです。海外は日本よりも金利が高い国が多いため、高い金利で運用できるのが魅力です。

 

デメリットをしっかり理解することが大切

デメリットは、為替の影響を受けるため、保険料や死亡保険金などの日本円で受け取る金額が不確定なことです。解約返戻金や、満期保険金死亡保険金の金額も為替レートによって変動します。

 

例えば、死亡保険金が5万米ドルの保険契約の場合、1米ドルが80円のときに受け取ると400万円になりますが、150円の時に受け取れば750万円になります。このように為替レートによって日本円の金額が変動するため、払い込んだ保険料を上回ることも下回ることもあります

 

また、受け取るときの損得に関心が集まりがちですが、支払う保険料も為替の影響を受けます。例えば、100米ドルを毎月支払う契約であれば、為替が80円のとき保険料は8,000円ですが、為替が150円になれば15,000円支払う可能性もあります。

 

円で毎月の支払額を決められるタイプもありますが、外貨で支払う場合同様、保険料は為替の影響を受けます。為替レートによって家計の支出に影響がでてくるため、どのくらいの為替レートであれば支払い続けることができるかをシミュレーションしておくことが大切です。

 

外貨建て保険は、円での支払い総額が曖昧になりがちです。保険料の支払いのときに送られてくる保険料の請求のお知らせなどは捨てずに保管しておきましょう。

 

外貨建て保険に向いている人は?

貯蓄や保険での運用を考えている人には、外貨建て保険は向いていると言えるでしょう。また、通貨分散として日本円以外の通貨を保有したいと考えている人にとっても有効な選択肢のひとつになります。その際には、しっかりと為替リスクを考慮しましょう。

 

逆に外貨建て保険に向いていない人は、メリットとデメリットが理解しきれていない人です。外貨建て保険には円建て保険とはまた違った魅力があります。

 

しかし、外貨建て保険の特徴である「為替」について理解していないと、死亡保険金を受け取るときや解約したときに、払い込んだ保険料の総額よりも受け取る金額が少ないと後悔するかもしれません。

 

リーマンショックのときには、1米ドル80円を割り込みました。この時に外貨建て保険に加入していた人の中には「こんなに為替が円高になるとは思っていなかった。損した」と後悔した人もいるでしょう。為替が動く範囲は決まっていません。

 

「最近は110円くらいの範囲で動いているから大丈夫だろう」なんて過信をしないことが大切です。払い込んだ金額より、円安になって増えていれば嬉しいですが、円高になって損する可能性も視野に入れておいてください。

 

外貨での投資経験がない人はしっかりと検討した上で、活用してくださいね。

 

おさらい

  • 低金利の影響で貯蓄型の円建て保険の魅力が薄くなっています。その一方で、注目を集めているのが外貨建て保険です。
  • 外貨建て保険のメリットは、外貨建てベースの高い利回りです。デメリットは、為替の影響を受けるため保険料や死亡保険金などの日本円で受け取る金額が決まっていないことです。
  • 外貨建て保険に向いている人は、貯蓄や保険で運用を考えている人です。

(最終更新日 : 2017年11月22日)