保険

子どものためにも学資保険の準備を!すぐに分かる学資保険の説明

この記事の早わかり要約

  • 学資保険に加入しておくと、教育費が多くかかるタイミングでの家計の負担を減らすことができます。
  • 万一、契約者が亡くなってしまっても、それ以降の保険料の払い込みが免除されるというのが一般的です。
  • 途中解約をすると、解約返戻金は支払った保険料より下回ることになるので、家計を圧迫せず、確実に支払える金額の保険商品を選択しましょう。

学資保険ってどんな保険?

「将来子どもにかかるお金が心配…」という悩みが、頭の隅をチラつく人は少なくないでしょう。「親である私たちにもしものことがあったら…」と不安な方は、学資保険を考えてみるのもいいかもしれません。

 

学資保険は、子どもの教育費が多くかかるタイミングに保険金の受け取り時期を設定しておくことで、親の心配や負担を減らすことができます。今回は、学資保険について、詳しくご紹介していきます。

 

学資保険は子どもの教育費を積み立てるための保険のことで、満期を迎えると「満期保険金」が支給されます。また、子どもが一定の年齢に達したときに「祝い金」がもらえるタイプもあります。

 

また、学資保険の商品によっては、子どもや親に万一のことがあった時に、保険金や死亡保険金が設けられているものもあります。もし約者が亡くなってしまった場合、それ以降の保険料の払い込みは免除される、というのが一般的です。

 

保険料をきちんと支払いさえすれば、子どもの教育資金に備えることができるのが学資保険の特徴です。

 

学資保険の注意点

学資保険には、「貯蓄型」と「保障型」の2つのタイプがあります。「貯蓄型」は教育費の積立を、「保障型」は親や子どもに万一のことが起きたときの保障を重要視した内容の保険になります。

 

「保障型」の場合、もともとの保険料が高く設定されているため、元本割れを起こすリスクが貯蓄型よりも高いということを覚えておきましょう。また、途中で保険を解約してしまえば、解約返戻金は支払った保険料より下回ることになります。

 

学資保険は家計を圧迫せず、長期的に確実に支払可能な保険商品を選択するようにしましょう。

 

学資保険を比較してみる

学資保険で注目すべきポイントは、”返戻率”と”保障内容”と”会社の信頼”でしょう。友達や親類の口コミで保険を決めるという人もいらっしゃるかと思いますが、きちんとそれぞれの保険を比較して納得したものに加入したいものです。

 

保険会社によってさまざまな特徴の学資保険が用意されているので、必要に応じた保険選びをしましょう。

 

おさらい

  • 学資保険に加入しておくと、教育費が多くかかるタイミングでの家計の負担を減らすことができます。
  • 万一、契約者が亡くなってしまっても、それ以降の保険料の払い込みが免除されるというのが一般的です。
  • 途中解約をすると、解約返戻金は支払った保険料より下回ることになるので、家計を圧迫せず、確実に支払える金額の保険商品を選択しましょう。

 

(最終更新日 : 2017年12月4日)