その他

「先進医療」ってどんなもの?

この記事の早わかり要約

  • 先進医療とは、厚生労働省が「健康保険の診療のレベルを超える」と指定したもので、技術料は全額自己負担となります。
  • 一口に先進医療と言っても、数万円のものから数百万円のものまで、その種類は様々です。
  • 月々の保険料が数100円程度高くなるだけで、先進医療特約を追加できる医療保険やがん保険もあるので、気になる方は内容を検討してみると良いでしょう。

先進医療って自己負担なの?

最近ではテレビなどでも「先進医療」という言葉をよく耳にするようになりました。先進医療とは、高度な医療技術を用いて治療を行うことです。

 

厚生労働省が、健康保険の診療のレベルを超えると指定したものが先進医療にあたり、その技術料は全額自己負担になります。

 

しかし、先進医療以外の診察や検査、投薬、入院費用など、通常の治療と共通する部分は、健康保険の対象となります。

 

例えば、健康保険など公的医療保険が適用となる費用が80万円、適用外の先進医療が20万円、総医療費が100万円であった場合を考えてみます。

 

先進医療の20万円は全額自己負担となりますが、健康保険適用内の80万円分に関しては、通常の3割負担の24万円ですみます。つまり、この場合の自己負担額は44万円になります。

 

さらに、高額療養費制度も適用され、一部の医療費が返還されるため、実際の負担額は44万円よりも更に少なくなります。

知って得する!高額療養費制度を詳しく解説

 

先進医療と保険給付対象の説明の図

先進医療とはどんなもの?

先進医療と聞いて、詳しい人なら、がん治療でよく知られる「重粒子線治療」「陽子線治療」をイメージするでしょう。

 

これらは、年間で2,700件ほど実施されており、200〜300万円の費用がかかります。こういった治療が有名なことから、“先進医療=高額”という概念ができあがってしまっているという側面もあります。

 

一方、厚生労働省の「平成28年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」によると、白内障の治療などで使われる「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」という技術は、先進医療の中でも実施件数が多いことがわかります。

※2017年9月28日情報更新

 

標準的な治療で用いられる「単焦点眼内レンズ」では、近くを見るのに老眼鏡が必要になりますが、この先進医療を使えば、遠方と近方の両方に焦点をあわせることができ、視力の回復が見込めます。

 

もともと老眼だった人は、この手術を受ければ白内障も老眼も直すことができ、なおかつ老眼鏡いらずの生活を送ることができるのです。

 

先進医療に係る費用は、病院によっても異なりますが、このようにメリットのある「多焦点眼内レンズ」を用いた治療でも、約50万円で受けることができます。

 

他にも、うつ病の診断に使う「光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助」の技術料は約1万円と、比較的費用が安い先進医療も存在するのです。

 

先進医療の保険はあるの?

そうは言っても、先進医療が必要な場面になって、費用を支払えるか心配な人もいるでしょう。そんな人は、先進医療の保障を受けることができる「先進医療特約」を検討してみると良いでしょう。

 

先進医療特約とは、医療保険がん保険のオプションとしてついていて、技術料の実費部分を保険会社が負担してくれるという内容です。

 

では実際問題、先進医療特約はつけた方がいいのでしょうか。これは考え方にもよりますが、心配な人はつけておくと安心です。

 

というのも、もし先進医療を受けることになったら、自己負担が高額になる可能性があるのに対して、先進医療特約をつけても月々の保険料は数100円程度しか上がらないためです。

 

しかし、先進医療特約をつけたからといって必ずしも給付対象になるとは限りません。がんの転移が進んでいて先進医療を受けることができないケースがあること、今は先進医療と認められている技術も将来的には先進医療から外れる可能性があること、治療方法が先進医療特約の給付対象とならない場合があることも考えられます。

 

確率的に先進医療を受ける可能性は低いということも踏まえ、よく検討しましょう。

医療保険も様々!医療保険の種類と特徴

 

おさらい

  • 先進医療とは、厚生労働省が「健康保険の診療のレベルを超える」と指定したもので、技術料は全額自己負担となります。
  • 一口に先進医療と言っても、数万円のものから数百万円のものまで、その種類は様々です。
  • 月々の保険料が数100円程度高くなるだけで、先進医療特約を追加できる医療保険やがん保険もあるので、気になる方は内容を検討してみると良いでしょう。

 

(最終更新日 : 2017年11月22日)