[無料]保険相談/見直しに対応する空間祐太FP(ファイナンシャル・プランナー)へのインタビュー記事

【FPの仕事観を聞いてみた】空間祐太FPインタビュー

空間祐太 (そらま・ゆうた) FP

1983年神奈川県出身。不動産デベロッパー、外資系生命保険会社の勤務を経て、FPに転身。お客さまにしっかり寄り添い、単に保険料を見直すだけではなく、ライフスタイルという根本を明確にするためのサポートを使命として活動。子育てマネーアドバイザーなどの資格を持つ。休日には子どもの野球クラブの応援に駆けつけている。

お客さまにプラスの提案をするために、選択肢を広げたかった

 —空間先生がFP(ファイナンシャル・プランナー)になろうと思ったのは、なぜですか?

先にFPとして活躍されていた先輩からのお誘いがきっかけです。私はその方と、以前外資系生命保険会社で一緒に働いていました。お誘いを受けた当時、私は保険会社での営業にジレンマを感じていたのです。

保険会社では、当然自社の商品しか提案できません。でも正直に言えば、他社の商品のほうがお客さまに合う、と感じることもあるのです。会社の枠にしばられず、幅広い選択肢の中から提案できれば、お客さまにとって絶対プラスになります。そこでお金のプロとして様々な提案ができるFPになりました。

—そもそも保険の世界に入ろうと思ったきっかけは、どのようなものですか?

やはり先輩からのお誘いです。私はもともと、不動産の営業をしていました。その会社で一緒に働いていた先輩が保険会社に転職し「視野が広がる仕事だよ」と声をかけてくれたのです。その時初めて、保険というものに向き合いました。

不動産営業当時、すでに息子が生まれていた私は、一応かけ捨ての保険に入っていました。契約の基準は、保障内容より金額。月々の支払いが安ければいいというものでした。給与の中から貯金をしようと思いながら、老後は40年も先のことで想像しにくい。むしろ今、お金を楽しく使いたい。そう考えていたのです。

でも先輩から保険の話を聞き、仕組みを知って、考え方を変えました。保険会社に転職すると同時に自分の契約も見直し、貯蓄しながら保障を得られる商品にウエイトを置いていったのです。

私と同世代の人、身近な友人なども、おそらく保険の仕組みをよくわかっていないはずです。ならば自分が伝えてあげたいと、身近な人から積極的に当たっていきました。そこで感じたのが、はじめにお話しした、自社の商品しか提案できないというジレンマです。FPになった今、同世代の人にぴったりの提案ができる環境が整いました。

ライフスタイルを明確にすることが先決。どの保険に入るかはその次

FPサブ写真

—お客さまと関わり合う中で芽生えた問題意識はありますか?

まずはお客さまご自身のライフスタイルを明確にした上で、目的に合ったお金の使い道や貯め方を考えることが大切です。どの保険に入るかはその次に出てくる話です。

ライフスタイルについてしっかり話し合っている、意見がまとまっているというご夫婦は、案外少ないものです。そこで私のようなFPが第三者として参加し、ご夫婦で話し合うきっかけを提供しています。

時には極端な意見も飛び出します。旦那さまが「俺は65歳で逝くつもりだから、貯蓄も保険もいらないだろう」と言い出されて、奥さまがビックリされるとか(苦笑)。

そういう場合には私が間に入り、提案を差し上げます。「奥さま名義でしっかり貯蓄を作ってはいかかですか」「お子さまが独立されるまでの準備はお済みですか」と申し上げると、旦那さまも会話に本腰を入れてくださいます。

保険を検討する段階でも、ご夫婦の間で意見が異なることは珍しくありません。それは将来について気にされていることが違うからです。死亡、治療費、年金、学費など、保険にできることはいろいろあります。

そこで私は、まず旦那さま・奥さまがそれぞれ気にされていることに順番をつけていただきます。そして面談を重ねながら、徐々にご夫婦の意見としてまとまるように心がけています。

お客さまには、1回の面談につき約2時間という貴重な時間を割いていただくのです。私はFPとして、単に月々の保険料を安くする提案ではなく、ライフスタイルを明確にするサポートをしていきたいですね。

いつでも、何でも、気軽に相談できる身近なFPでありたい

−FPとして心がけていることはありますか?

お客さまにとって、身近で、何でも気軽に相談できる存在でありたいです。それが、FPが提供できる付加価値です。保険の商品は、ネット、代理店、1社専属など、どのルートから入っても1円も変わりません。とすれば、あとはしっかりした対応ができるかどうかだと、私は考えます。

ですから電話でもメールでも、すぐに対応するようにしています。電話をいただいたらすぐに取りますし、深夜にメールでご質問をいただいた時も、お客さまがよろしければすぐに調べて返信します。

保険以外のご相談にも、もちろん対応しています。例えば住宅ローン。「今はどの金融機関の住宅ローンが良い?」「銀行に知り合いがいたら紹介してくれないか?」こういったご相談もよくいただきます。また、私を含め周りの方々の投資経験を踏まえてのリスクについてなど、面談でその話をすると「もっと詳しく教えて」というお問い合せもいただきます。

お金のことは、とりあえず空間に相談してみよう。そう思ってご連絡いただけることが、何よりの喜びです。よくお客さまには「いつ休んでいるの?」と聞かれるのですが、FPの仕事が楽しいので休みたいと思ったことはありません。ですから「年中無休、24時間営業中ですよ」とお答えしています。お客さまには笑われてしまいますが(笑)。

編集後記

小学3年生の息子さんを持つ空間FP。土・日にアポイントが入らなかった時には、息子さんが所属する野球クラブの試合や練習にかけつけ、応援をしています。空間FPが担当するお客さまの9割は東京・神奈川在住で、同年代の方が多いそうです。今回のインタビュー同様、面談では、保険や貯蓄をしっかり考えていなかった昔の自分をカミングアウト。飾らず、ありのまま話してくれる空間FPだからこそ、同年代のお客さまの理解や共感を得られるのでは…と感じました。

  • 保障と貯蓄をWゲット
  • 相談実績15万件以上、満足度93%
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム
0120-800-857

電話受付時間 / 9:00~18:00 (お申込みは土日祝OK)

相談申込25万件以上

※2012年3月~2016年12月実績

よくあるご質問(Q&A)ランキング

1相談したら、保険に加入しないといけないの?

ナットクしないのに、保険に加入する必要はありません。

生命保険は、一生払い続けたら、数百万円から数千万円にもおよぶ高い出費。じっくり検討の上、ナットクしてから入るものです。 提携するFP(ファイナンシャル・プランナー)たちも、その点は十分承知しておりますので、分からないことは、遠慮なく質問してください。 最終的に必要を感じなければ、その旨、ハッキリお伝えいただいて構いません。
  • 保障と貯蓄をWゲット
  • 相談実績25万件、満足度93%
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム
0120-800-857電話受付時間 / 9:00~18:00 (お申込みは土日祝OK)

2保険相談にデメリットはないの?

直接、おうかがいするスタイルなので、人によっては、抵抗ある(かもしれない)サービスです。

確かに、電話やメールで済ませたいという方にとっては、少々、わずらわしいと思われるかもしれません。あえて言えば、この点がデメリットです。 しかし、効果的なアドバイスのためには、どうしても各世帯の状況(家族構成のほか、今後のライフプラン、家計のことなど)を詳しく把握する必要があります。 また、最終的に生命保険に加入する場合、必ずFP(ファイナンシャルプランナー)がおうかがいして手続きすることになるので、全体の円滑な進行を目指すと、この直接おうかがいするスタイルがお互いにとって、最もメリットがあると考えています。 お客さまの貴重なお時間をちょうだいすることになりますが、これは本当にナットクいただける生命保険を提案したいという気持ちの表れ。その点をご理解いただけるとありがたく思います。
  • 保障と貯蓄をWゲット
  • 相談実績25万件、満足度93%
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム
0120-800-857電話受付時間 / 9:00~18:00 (お申込みは土日祝OK)

3保険相談は、生命保険会社や保険ショップと何が違うの?

相談を担当する者、取扱える保険会社数、相談場所などに違いがあります。

参考までに下記に比較表をつくりました。それぞれの特徴を参考にご自身に合った相談相手をお選びください。

保険相談のサービス比較表

拡大する
  • 保障と貯蓄をWゲット
  • 相談実績25万件、満足度93%
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム
0120-800-857電話受付時間 / 9:00~18:00 (お申込みは土日祝OK)

4ホントに保険相談は無料なの?

何回相談しても、保険相談は無料です。ナットクいくまで、ご相談に乗ります。

一般的には、3回前後(各1~2時間)相談される方が多いですが、いずれもお客さまの料金負担はいっさいありません。 また、FP(ファイナンシャル・プランナー)の交通費、ご面談場所が喫茶店やファミリーレストランの場合のFP分の飲食代もお支払不要ですので(お客さま分は各自でお支払をお願いしております)ご安心ください。 生命保険は、お客さまの人生設計を元に選ぶ商品。すぐに加入を決められるものではないということは、私たちも理解しています。ぜひ、ナットクいくまで、相談してください。
  • 保障と貯蓄をWゲット
  • 相談実績25万件、満足度93%
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム
0120-800-857電話受付時間 / 9:00~18:00 (お申込みは土日祝OK)

5保険相談は、どこでやるの?

ご自宅や勤務先、お近くのカフェなど、お客さまご指定の場所までFPがおうかがいいたします。

その他、お近くのFP(ファイナンシャル・プランナー)事務所やファミリーレストランなど、お客さまのご都合に合わせますので、事前にお申し出ください。 > 保険のビュッフェの対応エリア 相談にあたっては、現状を確認するために、プライバシーに関わるお話(家族構成のほか、今後のライフプラン、家計のこと)もヒアリングさせていただきます。 周囲に不特定多数の方がいらっしゃいますと、なかなか話しづらい内容かと思いますので、じっくり落ち着いてお話しできる場所をオススメしています。実際に利用者の多くも、ご自宅での相談を選ばれるケースが多いです。
  • 保障と貯蓄をWゲット
  • 相談実績25万件、満足度93%
  • 強引な勧誘一切なし
[無料] 保険相談ご予約フォーム
0120-800-857電話受付時間 / 9:00~18:00 (お申込みは土日祝OK)
もっと見る