ビジネスの切り口も、それに対する世の中のニーズにも、何もかもに可能性を感じています。

平田 晴佳マーケティング部 マネージャー

入社経緯、実績

以前は会員制のリゾートクラブで主に新規会員獲得のためのマーケティングを担当していました。保険のビュッフェに知り合いがいまして、会社のコトはいろいろと聞いていたんですね。すごく伸びている会社であることも、マーケティングチームにもっと人材が欲しいことも。

会員制のリゾートクラブはシニアがターゲットだったのですが、保険のビュッフェは若い世代が対象。対象ユーザーの心理だったり、悩みに共感できますから、また1つレベルの高いマーケティングができるんじゃないかな?と思いました。

[無料]保険相談サービスというビジネスにも惹かれました。保険そのものを開発して取り扱うものではありませんが、保険商品という人生や暮らしにおいてなくてはならなくて、でも分かりづらいものを、お客様ひとりひとりに分かりやすく説明して相談にのってあげるというFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介する切り口も、それに対する世の中のニーズにも、何もかもに可能性を感じました。

面接をしてくれた廣田、相内がまたとても鋭くて。ズバリ人間性を見抜かれましたしね、スゴイなぁと。お二人ともマーケターとしての数字に対する考え方が明確で、とても協調できましたし、こんな上司の元で働けたら私ももっと成長できるのではないかなと思い、入社を決めました。

仕事の内容

簡単に言うと、保険のビュッフェの認知度アップと[無料]保険相談の利用者集客をミッションとしています。

どうしたら、このサービスをより多くの方に利用していただけるか、考える毎日です。主には、広告代理店や各種メディアとの打ち合わせで生まれた集客施策を、社内の各部署に連携し、一つの集客フローを作りあげていくこと。

また逆に、社内で出たアイデアをもとに、メディアに交渉をし、タイアップ企画にしてもらったり、新規メニューを作り出してもらったりすることもあります。

どのタイミングで、どのような人に、どのような内容で保険のビュッフェをアプローチすることが効果的かということを常に考えている部署です。

そのため、まとめてしまうとマーケティングなのですが、業務は多岐に渡っています。

制作部と広告の内容についてアイデアの出しあいをすることもありますし、コーポレートコミュニケーション部と連携したプロモーションを計画することもあります。

イベントチームとの関係は密なので、日ごろから新しいイベントを考え、集客・企画のアイデアだしをしています。

ほかにも、直接お客様対応をしているカスタマー部門や、管理部門とも顧客満足度を上げる部分において深くかかわっています。

もちろん、システム構築をしている技術部とも、顧客獲得のかなめとなるデータベースのあり方や、分析に必要となるデータのシステム化などで、常にコミュニケーションをとっています。

プロモーション手段も、紙媒体はもちろん、WebプロモーションからSNS、リアルイベント、CM、ラジオなどのマス広告までありとあらゆる分野を手がけられるんです。

ある一部分だけを担当するのではなく、トータルに携われるからこそやりがいがありますし、自分のスキル、経験の幅が広がっていっていますね。どのあたりが一番面白いかですか?それは全てです。企画・設計どおりにうまくいかない時もありますが、それはそれで貴重なデータが取れますし、次に活かせます。

もちろん目標を達成できたときは何よりも嬉しいです。保険のビュッフェでは自社のイベント会場に行くこともありますし、カスタマーセンターでのお客様の反応を直に感じることもできます。それはありがたいですし、勉強になります。

保険のビュッフェの良いところ

まず1つめは、「何でもチャレンジさせてくれること」です。役員含めて「いつでも」「何でも」相談できますし、真剣に向き合ってくれます。リーダーとの距離の近さが様々な新しい取り組みにつながっていると思います。

第2に保険のビュッフェのサービスそのものに社員の誰もが自信を持っているということです。これってとても大切なコトだと思うんですね。誰に対しても声を大にして「保険のビュッフェのサービスはいいですよ!」って言えます。

マーケティング担当としていいなと感じたことは、「カスタマーセンターと制作が内製化されている」ということでしょうか。「一番近くで声が聞けて、自分達の手で反映できる」これがインターネット時代のマーケティングのあり方だと思いますし、これができる会社に入りたかったんです。

仕事を通して実現したいこと、やりがい

保険のビュッフェという仕事を通して、「誰もが安心して暮らせる社会づくり」に少しでも貢献できたらと思っています。誰しもお金に対する不安、老後の不安、病気に対する不安などいろいろとあると思うんです。

保険に入れば解決するわけではないですが、ピッタリの保険が見つかれば安心できますしね。そのための相談できる相手(FP)が全国にいるということをもっともっと知ってもらいたいなと。

マーケティング本部としては、もっと保険のビュッフェとの接点を増やすことができたらいいなと思っています。セミナーの回数やバリエーションを増やしていきたいですし、男性やシニア層にも今後、アプローチを広げていきたいと考えています。

毎日どこかで保険のビュッフェのイベントが開催されていて、そこへ来る皆さんが「保険のビュッフェ、知っているよ!」ってなれば嬉しいですよね。

働く上で大切にしていること

保険のビュッフェに勤める直前は「金融や保険の知識が全然ない。。。」「シニア相手に紙媒体ばかりだったので、WEBマーケティングの知識が乏しいな・・・私・・・」と不安に思うこともありましたが、社員の皆さんがいろいろと教えてくれますし、問題はなかったですね。

ただ、勉強はすごくしました!今もしています!貪欲に学んで、考えて、トライすることが大事だと思っています。

お客様に対してもアンテナを常に張り続けることが大事ですね。アンテナを張るという意味では社内に対してもそうだと思います。保険のビュッフェは急成長していますから、そのスピードについていくだけでなく、いずれは自分がそのスピードを牽引するためにも、、、です。

掲げた目標を社として実現するには、社内のいろんな人達の力を借りなければなりませんから、コミュニケーションや途切れない業務連携がとても大切だと実感しています。

OFFの過ごし方・趣味

お料理が大好きなので、OFFのときは創作料理をしています。昔、先輩に「仕事ができるヤツになりたかったら料理ができるようになれ」と言われたことがあって。

「何品も作るんだけど、作り終わった頃には片付けも済んでいる」というのが最高ですね。「冷蔵庫にあるものだけで美味しい料理をつくる」というのも、楽しいですよね。

まとまった時間が取れれば旅行に行きます。OFFは結構充実していると思います。楽しいOFFがあるから、仕事もまたメリハリがついて頑張れるのではないでしょうか。

社員を知るトップへ戻る