「笑顔で迎える相続」セミナーを開催してきました

2015年5月26日

相続セミナー(横浜)

 2015年1月28日(水)に、横浜・市民フロアで

「笑顔で迎える相続」セミナーを開催してきました。

 

当日は、テレビや講演でも活躍中の保険のビュッフェ提携FP(ファイナンシャルプランナー)である一橋香織先生を迎え「知らなかったでは済まされない終活のコツ」というテーマでレクチャ!

 

2015年1月からの相続税法改正の影響と対応策について、興味津々の参加者にとって、よりよい相続を迎えるためのヒントが盛りだくさんの内容となりました。

 

テーマ

笑顔で迎える相続

 

内容

身内が亡くなったとき、すべきことは?

本題である相続対策に入る前に、まずはそもそも論から。身内が亡くなると、悲しむ間もなくいろいろな手続きに忙殺されることになります。主に10ヶ月以内にしなくてはならないことを徹底解説いただきました。

 

エンディングノートの書き方

第2部では相続を「争う相続から、想いやる相続に変えませんか?」というメッセージの下、エンディングノートの書き方講座を実践。一橋FPの持つ、壮絶な相続体験談が披露されると、会場からは驚きの声があちこちから漏れました。最近、書店でもエンディングノートのコーナーをよく見かけますが、それも納得。

 

今やっておきたい相続対策のヒント

第3部には、ゲスト講師も登場。銀行や税理士の先生からも注目されている保険を使った相続対策について、メカニズムを実例も交えながら解説いただきました。

 

相続税が持つ非課税枠がある点、受取人が指定できる点、そして保険を現金で受け取れる点など、財産を守り、家族間の争いを避ける裏ワザが学べました。
 

相続セミナー(横浜)

相続税対策の中でも特に注目されている生命保険の活用方法を解説する伊東FP。「銀行や税理士の先生は、こんなこと教えてくれなかった!」と会場から声も。

 

相続質問コーナー

当日は経験豊かな相続診断士を持ったFP(ファイナンシャルプランナー)による相続質問コーナーも実施いたしました。この日のために、保険のビュッフェ選りすぐりの提携FPにお越しいただき、講演に関する質疑応答いたしました。

 

相続は各家庭で抱える問題も千差万別。法律的な悩みから、税務的な悩みまで、相続対策に関する幅広い質問が続出!話は尽きず、別途、時間をとって相談の場を設けるお客さまがあちこちで見られました。
 

相続セミナー(横浜)

「誤った知識で対策を進めて、トラブルに発展するケースも多いです。医療行為と同様、相続も第三者の意見を求めるセカンドオピニオンを受ける時代です」元・銀行員の北條FP。

 

参加者の感想

  • セミナーで参考になりました。エンディングノートをさっそくつくろうと思いました。ありがとうございました。
  • とても分かりやすく内容の濃い話が聞けて良かったです。親近感の持てる話しやすそうな先生でぜひ相談させていただきたいと思いました。貴重な時間が持ててよかったです。
  • 大変参考になりました。ありがとうございました。去年、両親が亡くなり、相続も体験しました。今度は自分の番なので、勉強しておきたいと思い、参加しました。

 

一橋香織先生について

一橋香織FP(ファイナンシャルプランナー)
京都府出身。外資系金融機関を経て、FPに転身。AFP、上級終活カウンセラー、相続診断士など、資格多数。

 

頼れるマネードクターとして、これまで1,200件もの相談やメディア出演(TBSテレビ「Nスタ」など)、講演で活躍中。システムダイヤリー開発の「エンディングノート」監修。

一橋先生より

相続税法が改正され、最近は特に相続に関して生前にどのような対策が打てるかのご相談が多いです。

 

私自身、FPになる前に相続で苦労した経験もありますので、当時の何も知らなかった私にアドバイスする感覚で、わかりやすくインパクトのある説明を心がけています。

 

お客さまにとって一番いいプランニングをするお手伝いをしていくことが私たちFPの役割だと思いますので、より高い知識を積み上げ、今後もお客さまのためにがんばっていきたいと考えております。

お知らせトップへ戻る

一緒によく見られているページ